logo

CIS薄膜太陽電池を搭載した次世代ソーラー住宅

セキスイハイムのゼロエネルギー住宅、CIS技術独自の高い発電量と大容量設置が特長

【東京-2013年10月25日】-ソーラーフロンティア株式会社(社長:玉井裕人、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、セキスイハイムが新たに発売するゼロエネルギー住宅「スマートパワーステーション」シリーズにCIS薄膜太陽電池モジュールを供給することとなりましたのでお知らせいたします。同シリーズは10月26日から全国で発売される予定です。

ゼロエネルギー住宅とは、省エネや創エネによって使用する電力が実質ゼロになる住宅のことで、政府も2020年までに「ネット・ゼロ・エネルギー住宅」を標準的な新築住宅にする目標を表明しています。ソーラーフロンティアが独自開発したCIS薄膜太陽電池モジュールは実発電量の多さが特長で、住宅の消費電力を十分に賄えるという点が特に評価されました。

CIS薄膜太陽電池モジュールは、モジュールの一部が汚れなどによって影になっても発電できるというCIS技術の強みから、陸屋根にフラット設置をしても発電性能が低下しにくいという特長があります。このフラット設置によって、大容量の太陽電池の搭載を可能にしました。

ソーラーフロンティアの CIS 薄膜太陽電池モジュールは、これまで実証実験などで高い実発電量が証明されてきました。さらにメイド・イン・ジャパンという高い品質と信頼性を誇るCIS薄膜太陽電池モジュールは、住宅用のみならず日本各地の産業用発電施設やメガソーラーでも採用されてきました。ソーラーフロンティアは、数々の発電プロジェクトで評価された性能を住宅用太陽光発電システムにも積極的に展開していくことで、ゼロエネルギー住宅の標準化や再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります。


以上

このプレスリリースの付帯情報

セキスイハイム「スマートパワーステーション(鉄骨系)」 画像提供:積水化学工業株式会社 住宅カンパニー

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

「スマートパワーステーション」の詳細は、セキスイハイムのホームページをご参照ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事