logo

~BYOD対応の情報漏えい防止対策を開発~サイファー・テック、iOSデバイス向けPDFドキュメント漏えい防止サービスの提供を開始

自社開発による情報セキュリティ製品を展開するサイファー・テック株式会社は、iPhone・iPadなどのiOSデバイス向けPDFドキュメント漏えい防止サービス「CypherGuard(サイファーガード) PDF for iOS」を開発し、2013年11月から提供開始いたします。
「CypherGuard PDF for iOS」ではPDFドキュメントに対してDRM技術による暗号化を施すことにより、ドキュメントごとの情報漏えい防止対策を実現いたします。



自社開発による情報セキュリティ製品を展開するサイファー・テック株式会社(本社:徳島県美波町、代表取締役社長:吉田基晴、以下サイファー・テック)は、iPhone・iPadなどのiOSデバイス向けPDFドキュメント漏えい防止サービス「CypherGuard(サイファーガード) PDF for iOS」を開発し、2013年11月から提供開始いたします。


<サービス概要> ~ドキュメントごとの情報漏えい防止対策を実現~

近年BYOD(Bring Your Own Device、個人保有のPCやモバイル端末の業務使用)によるワークスタイルやクラウドサービスの利用が浸透する中で、モバイル端末を活用して社外から社内システムにアクセスしたり、ドキュメントを社外に持ち出したりする機会が大幅に増加するなど、機密情報の外部漏えいの危険性が急速に増しています。

このような状況下、「CypherGuard PDF for iOS」ではPDFドキュメントに対してDRM技術による暗号化を施すことにより、ドキュメントごとの情報漏えい防止対策を実現いたします。


【「CypherGuard PDF for iOS」の主な機能】

■閲覧対象者を限定

閲覧対象者を限定することができるため、万が一ドキュメントが対象者以外の手に渡っても閲覧を防止することが可能です。

■閲覧期間設定

閲覧可能期間を設定することが出来るため、期間を過ぎたPDFドキュメントは閲覧出来なくなります。

■ドキュメント管理
「CypherGuard PDF for iOS」内にてPDFドキュメントを一覧で管理することが出来ます。

【導入方法および導入価格】
<インフラ投資やサーバ運用の不要なASPサービス>
認証に用いるライセンスサーバをASP形態にて提供するため、インフラ投資やサーバ運用等の負担なく導入することが出来ます。

初期導入費用:500,000円(税別) / 月額利用料:50,000円から(税別)
※発行ライセンスや利用ユーザーの規模によって料金は変わります。

【動作環境】
iOS ver5以上(iPhone、iPad、iPodTouch) ※言語設定が日本語以外の場合、メッセージ英語表記に対応


なおサイファー・テックでは、「CypherGuard PDF」シリーズとしてすでにWindowsおよびMac OS向けにPDFドキュメント漏えい防止サービスを展開しており、このたびのiOS版リリースにより同シリーズはPC・モバイル両方に対応することになります。

サイファー・テックは、今後もデジタルコンテンツの著作権や企業の機密情報など顧客企業の知的財産の保護に向けて、各種情報セキュリティ製品の開発および提供を進めてまいります。


<サイファー・テック株式会社について>
サイファー・テック株式会社は、DRM技術や情報セキュリティ技術を中核に、デジタルコンテンツ流通向けのコンテンツ保護やBYODに対応した情報漏えい防止に関する製品開発、ソリューション提供、システムインテグレーションを行うテクノロジベンダです。
また太平洋と清流と山に囲まれた徳島県海部郡美波町にクリエイティブオフィス「美波Lab(ラボ)」を2012年5月に開設、その後2013年5月には東京都新宿区から同町へ本社を移転するなど、サーフィン・釣り・農作業など、自然に囲まれた環境でのライフスタイルとクリエイティブワークを両立させる“創造的ワークスタイル”に挑戦しています。

設立:2003年2月
事業内容:電子著作物保護システムの開発、販売 / 情報漏えい防止システムの開発、販売 / システムインテグレーション
URL:リンク

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。