logo

スマホ上の3Dモデルで建て主と対話できる住宅アプリを発表

タブレットで3D建築データを閲覧できるアプリ「3Dプレイスビューア」にコミュニケーションを強化する新機能を追加

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、建て主と建築業者の双方がスマートフォンやタブレット上で同じ3D住宅データを閲覧しながら、質問や要望・意見などを書き込める機能を搭載した3D住宅モデル表示アプリ「3Dプレイスビューア」(iOS版)の最新版を10月23日(水)より無料で公開いたします。

※2013/10/23より東京ビッグサイトで開催されております「JAPANTEX2013」のメガソフトブースでこの最新版3Dプレイスビューアを体験していただけます。

※Android版アプリは11月に公開を予定しております。


【住宅の打合せもスマートフォンとクラウドで進める時代に】

「3Dプレイスビューア」は、累計本数60万本を販売する住宅デザインソフト「3Dマイホームデザイナー」シリーズのデータを閲覧するためのiOS/Android用3D住宅表示アプリです。2011年の発表以来、4万棟を超える住宅データが同アプリ上で閲覧されています。

今回発表する最新版では、3D住宅モデルの任意の場所を指定してコメントを書き込める機能が追加されました。コメントに追記もできるので、建て主と建築業者が同じ3D住宅モデルを閲覧しながら、デザインや建築材料、住宅設備などについてスマートフォンやタブレット上で打合せを進められます。


本リリースの詳細はこちらをご覧ください。
リンク

●報道関係お問い合せ先

<メガソフト株式会社 広報室/西脇>
TEL:06-6131-5028 FAX:06-6131-5081
メールアドレスE-mail:press@megasoft.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

スマホやタブレットで手軽に建築プレゼンが行えると好評の「3Dプレイス」にコミュニケーションを強化する新機能を追加

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。