logo

◎国際ビジネス・エキスパートによりコーズは国際展開能力大幅を強化

Corrs Support Services Trust 2013年10月24日 11時02分
From 共同通信PRワイヤー

◎国際ビジネス・エキスパートによりコーズは国際展開能力大幅を強化

AsiaNet 54753

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

プレス・リリース

国際ビジネス・エキスパートによりコーズは国際展開能力大幅を強化

コーズ・チェンバーズ・ウェストガース法律事務所(以下「コーズ」)は、元オーストラリア貿易促進庁(オーストレード)CEO であり、元駐日オーストラリア大使のピーター・グレー氏をコーズの日本ビジネスグループの共同代表に任命、国際的連携・展開能力を大幅に強化しました。

グレー氏は、日本とのビジネス或いは日本市場での事業展開を展開するコーズの顧客に、戦略的アドバイスを提供する上での中核的役割を担うことになります。

パートナー兼CEO のジョンW.H. デントンは、「今回のピーター・グレー氏の任命は、コーズの国際的役割、特にアジアにおける存在を一層強固なものにする。」とコメントし、更に次のように述べています。

「グレー氏同様、現中国ビジネス・エキスパートであるジェフ・ラビーも、アジアにおける最も有能且つ鋭いビジネス感覚を有するアンバサダーであり、両氏の知識・経験により、コーズは顧客をサポートし、オーストラリアの国際事業展開を推進していくこととなる。」

「ピーター・グレー氏はアジアにおける通商貿易政策を担う最重要な人材であり、北アジア、APEC、WTO と緊密な関係を有し、その固有の経験・知識・人脈を通じ、対日事業展開を強化・促進する上で、当社の顧客、更にはコーズへの多大の貢献を果たすことであろう。同氏がコーズに加わったことを大変嬉しく思う。」

著名な国際的エキスパートであるグレー氏は、オーストラリア貿易促進庁(オーストレード)の CEO として2010 年 3 月から2012 年12 月に定年退職する間、アジアにおける通商貿易分野での顕著な実績と幅広い経験を積んでいます。またその以前には、オーストラリア外務通商省(DFAT) において数々の上級管理職を経験しており、1994 年には副事務次官に任命され、通商貿易政策および交渉、更にはアジア、欧州、米州との二国間政治経済関係を主たる任務とする広範囲の責任を担っていました。

グレー氏は駐日オーストラリア大使の他、初代オーストラリアAPEC大使、ブリュッセルでは EU 大使、ジュネーブでは WTO 大使を勤め、また、キャリア初期において、東京およびワシントン DC のオーストラリア大使館に勤務し通商貿易問題を担当していました。

グレー氏は、世界およびアジア全域における広範な戦略的、経済的、通商的展開を分析する上で、豊富な実績を有すると同時に、アジアおよび新興市場における事業成功のための要件も熟知している特別な人物であります。

当社の中国ビジネスグループ共同代表ジェフ・ラビーは「ピーター・グレー氏の豊富な知識、経験、人脈の深さは、コーズの国際的な体制を更に高める上での大きな資産となる。極めて高度な専門知識を持つ同氏は、当地域においては高名であり、且つ大変尊敬されている。」と述べています。

グレー氏はコーズのチームに参画できることを大いに喜んでいます。「国際的な弁護士チームとともに働くことを楽しみにしている。コーズの明確な方向性に特に印象づけられ、また、日本への取り組みを更に推進するというコミットメントには大変感銘を受けた。」

グレー氏は現在、アジア学会(オーストラリア)役員、欧州オーストラリアビジネス委員会役員、更に、オーストラリア日本ビジネス協力委員会の幹部を兼務、また、戦略および統制研究所のメンバーでもあります。

加えて、同氏はシドニー大学経済学士(栄誉号)、スタンフォードビジネススクールでのMBA を有し、オーストラリア企業役員研究所(MAICD) のメンバーでもあります。

コーズ・チェンバーズ・ウェストガース法律事務所の概要
コーズ・チェンバーズ・ウェストガース法律事務所は、オーストラリアの競争力強化、およびアジアとの経済的連携強化に注力する世界的法律事務所です。コーズは主要企業・組織に対し、事業上の最も重要な問題解決に際し、そのビジネス課題と法務対応との両者を繋ぎあわせ、ギャップを埋め、適切な提言・アドバイスを提供しています。コーズは、シドニー、メルボルン、ブリスベーン、パースにオフィスを構えており、世界各地およびアジア太平洋地域に堅固な提携関係を有し、国際展開、または特定国での事業展開を目指す顧客支援のための理想的な体制を整えています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事