logo

『SKYLOCK(スカイロック)』配信開始!

株式会社gloops 2013年10月23日 16時50分
From PR TIMES

新鋭漫画家×人気脚本家のタッグによる王道RPG誕生



 


 株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 秀行)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功)が運営する「Mobage(モバゲー)」(URL:リンク)にて『SKYLOCK(スカイロック)』を、本日10月23日(水)より配信開始いたします。

『スカイロック』は、冥界神サタナスの復活を阻止すべく、運命の五つ子たちが魔者(マモノ)を駆使して冒険する王道RPGです。キャラクターと600を超える魔者のデザインは、漫画家・デザイナーの幹 大樹氏が担当。
また、数々の人気作品のシナリオに携わる脚本家の渡辺 雄介氏が、ソーシャルゲームを超えた壮大なストーリーを描きます。


『SKYLOCK(スカイロック)』主な特長

1. プレイヤーの選択で内容が変わる!「クエスト」

 多彩なアニメーション演出でストーリーが進行する「クエスト」では、プレイ

 ヤーの選択によって手に入るアイテムや魔者が左右されます。ターン制のコマ

 ンド方式を採用した「バトル」で様々な敵と戦い、仲間を成長させて最強のパ

 ーティを作り上げましょう。


2. 幹 大樹氏描き下ろし、600体以上登場!「魔者」

 クエスト内のバトルや「召喚」によって入手できる魔者を仲間にして、敵の魔

 者と戦います。魔者は一定条件で「ちび」→「魔獣」→「魔人」と「覚醒」し

 、大幅にパワーアップさせることが可能。覚醒するごとに変化する魔者のグラ

 フィックもお楽しみ下さい。


3. ユーザー同士で白熱したバトル!「コロシアム」

 「コロシアム」では、自分の集めた最強のパーティで他のユーザーに闘いを挑む ことが可能。バトルはすべてオー

 ト戦となり、魔者たちの力試しの場となります。勝利を重ねるごとに、強力な魔具や アイテムを入手することが出

 来ます。


コピーライト表記 (C) Exys (C) gloops, Inc.

本リリースの文章、提供した画像データ等を、本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。


■『スカイロック』のストーリー
 天界神オリエンスと人界神ティエラは地上界を救うべく、冥界神サタナスを巨大な槍で封印した。地底の闇を封じた

 巨大な槍は、やがてスカイロックと呼ばれるようになり、地上に住む人々に豊富な資源をもたらし、世界を急速な発

 展へと導くのだった。そして、再び復活を遂げようとする冥界神に神の血を引く五つ子達が立ち上がった。


■キャラクターデザイン

 幹 大樹 (みき だいき)
 漫画家・デザイナー
 1976年生まれ、福岡県出身。会社員時代に自サイトで公開していた作品が評価を受け、以後、数々の集英社作品のデ

 ジタルデザインを手掛ける。2013年、漫画家としてジャンプSQ.19『ホットライン』にてデビュー。


■シナリオ
 渡辺 雄介 (わたなべ ゆうすけ)
 脚本家
 1979年生まれ、千葉県出身。早稲田大学在学中に脚本家デビュー。以後、数々のドラマ・映画を手掛ける。主な担当

 作品には、テレビドラマ「ブラッディ・マンデイ」(08、TBS)、映画『20世紀少年』シリーズ、『GANTZ』シリーズ

 、『ドラゴンボールZ 神と神』、『ガッチャマン』などがある。


■『SKYLOCK(スカイロック)』はこちらから:リンク
URL(フィーチャーフォン): リンク


URL(スマートフォン): リンク


利用料金:基本プレイ無料、アイテム課金制

ご利用方法: Mobage IDによる認証が必要です。


■『SKYLOCK(スカイロック)』スペシャル動画も公開中:
 リンク


■株式会社gloops (グループス) について:リンク
 グループスは、インターネット上で様々な人とコミュニケーションを取りながら遊ぶソーシャルゲームの開発・運営を行うソーシャルアプリケーションプロバイダです。現在までに、バトル系シリーズである「大乱闘シリーズ」、スポーツ系シリーズである「大熱狂シリーズ」などを中心としたソーシャルゲームの開発・運営を行っております。

設立:2005年8月2日
代表取締役社長:池田 秀行
従業員数:639名(2013年9月現在)
事業内容:ソーシャルアプリケーション事業


<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館4階
株式会社gloops 広報部
TEL:03-5549-7373  MAIL:pub@gloops.com
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。