logo

国立新美術館、サントリー美術館、森美術館が六本木ヒルズに集結【11月24日(日) 六本木アートカレッジ】

森ビル株式会社 2013年10月23日 11時00分 [ 森ビル株式会社のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


森ビル株式会社が運営する「アカデミーヒルズ」(理事長竹中平蔵)は、1日4,000円で、全20のアート関連講座を自由に選択受講できるワンデーイベント「六本木アートカレッジ~おもしろい未来がやってくる!~」を11月24日(日)に開催します。世界をおもしろくするクリエイティブなゲストが六本木ヒルズに集い、アイデアの源泉を発信し、未来をワクワクさせる“アート”の可能性を追求します。
▼「六本木アートカレッジ」公式サイト
リンク

「六本木アートカレッジ」は六本木エリアの芸術文化活動の活性化を目指す「六本木アート・トライアングル」(国立新美術館/サントリー美術館/森美術館)の協力を受け、プログラムを企画しています。各美術館で開催中の展覧会のアーティストやキュレーターが登壇するプログラムを通して、アートの街・六本木をより楽しむことができます。

11月24日開催:六本木アート・トライアングル関連プログラム
――――――――――――――――――――――――――――――――
■国立新美術館 presents 「印象派を越えて─点描の画家たち」展関連プログラム
――――――――――――――――――――――――――――――――
「色彩の探求─点描の画家たちとその時代」
開催日時:2013年11月24日(日)13:30~14:30 
登壇者:米田尚輝 (国立新美術館研究員)
詳細:リンク

<国立新美術館>リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
■サントリー美術館 presents 「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」展関連プログラム
――――――――――――――――――――――――――――――――
「天上の舞-平等院の魅力と未来に受け継がれる歴史」
開催日時:2013年11月24日(日) 14:50~15:50
登壇者:米神居文彰 (平等院 住職)
詳細:リンク

<サントリー美術館>リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
■森美術館 presents 六本木クロッシング2013展関連プログラム
――――――――――――――――――――――――――――――――

「サンタル族の葉っぱのアクセサリー作り~高いところにいる人も低いところにいる人も共に踊ろう~」
開催日時:2013年11月24日(日)11:20~12:20 
登壇者:岩田草平(プロマイノリティ代表)×植松かおり(プロマイノリティ)
詳細:リンク
※「六本木アートカレッジ」初のワークショップ付セッションとして開催。
別途アクセサリーの製作費用:1,000円が必要。※先着30名。事前予約なし。定員となり次第終了。
希望者には講座終了後の昼休みに毛利庭園にあるプロマイノリティの作品現場にご案内。

「落語漫談」
開催日時:2013年11月24日 (日) 14:50~15:50
登壇者:遠藤一郎 (未来美術家)
詳細:リンク

<森美術館>リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
■「六本木アート・トライアングル」とは
――――――――――――――――――――――――――――――――
「六本木アート・トライアングル」[略称:ATRo(あとろ)]は、六本木エリアの芸術文化活動の活性化を目指し、国立新美術館、サントリー美術館、森美術館の3館が結成したネットワークです。3館を結ぶエリアを中心とし六本木のアート関連スポットを紹介する「あとろマップ]を継続的に制作、併せて、3館相互割引「あとろ割」を実施しています。2009年からは、「六本木アートナイト」にも参加。2010年にはトークセッション「六本木アート・トライアングル:ネクスト」を開催するなど、「アートの街、六本木」の新たな魅力を伝える様々な取り組みに挑戦しています。2011年、2012年にアカデミーヒルズと共同で「六本木アートカレッジ」を開催、約1,000名の参加者を集めました。

――――――――――――――――――――――――――――――――
■「六本木アートカレッジ~おもしろい未来がやってくる~」概要
――――――――――――――――――――――――――――――――
開催日 :2013年11月24日(日) 10:00~18:30
場 所 :アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
参加費 :4,000円(1講座60分、全20講座。自由選択制) ※ナイトパーティ付6,500円(税込み)
入場者 :定員1000名 
申 込 :WEBサイトから リンク
主 催 :アカデミーヒルズ
特別協力:六本木アート・トライアングル(国立新美術館、サントリー美術館、森美術館)
協 力 :株式会社umari、NPO法人アーツイニシアチブトウキョウ(AIT)、サントリーホール、JAXA、J-WAVE、SWITCH、Discover Japan、ナナロク社、六本木未来会議(五十音順)

――――――――――――――――――――――――――――――――
■六本木アートカレッジとは
――――――――――――――――――――――――――――――――
「六本木アートカレッジ」は、社会人向けに年間200本以上のプログラムを提供する「アカデミーヒルズ」が、ビジネスパーソンを対象にわかりやすく、多様性と現代性をもつ切り口で、「自分にとっての『アート』とは何か?」を考える機会を提供するセミナーシリーズです。2011年からスタートした秋の「六本木アートカレッジ」。1日まるごと“アート”の学校として、毎回1000名の受講者を集め、新しい刺激に出会い、興味を広げることで自分らしい感性を磨くきっかけを提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。