logo

◎Kennedyがデロイトをサイバーセキュリティー・コンサルティングでの世界のリーダーに指名

Deloitte 2013年10月23日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

◎Kennedyがデロイトをサイバーセキュリティー・コンサルティングでの世界のリーダーに指名

AsiaNet 54706
共同JBN 11241 (2013.10.23)

【ニューヨーク2013年10月23日PRN=共同JBN】デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(Deloitte Touche Tohmatsu Limited、DTTL)は、大手アナリスト会社のKennedy Consulting Research & Advisoryが、デロイトをサイバーセキュリティー・コンサルティングでの世界のリーダーに選んだと発表した。

Kennedyが最近リリースしたリポート「2013年サイバーセキュリティー・コンサルティング(Cyber Security Consulting 2013)」では、サイバーセキュリティーの複雑性を乗り切るために顧客がコンサルティング会社に支援を求める必要性が高まっているとしている。このためリポートは、サイバーセキュリティー・コンサルティングの能力に関する領域と理解度に関連して、サイバーセキュリティー・コンサルティングのプロバイダー能力を評価している。

DTTLのManaging Director for Global Enterprise Risk Servicesであるアデル・メレク氏は「今回Kennedyからサイバーセキュリティー・サービスに関して最高の評価が与えられたのは、デロイトのリスクサービスに対しアナリストから寄せられた多数の称賛のほんの一例である。この数カ月の間に、アナリストからリスク管理コンサルティング、セキュリティー・コンサルティング、情報セキュリティー・コンサルティングなど、当社のガバナンス、リスク、コンプライアンスに関するサービスを高く評価していただいた。デロイトはさまざまな領域のリスクサービスで卓越しており、市場をリードしているといっても過言ではない」と語った。

Kennedyのリポートは「デロイトは各業界の専門的知識、『one approach, one model』、サイバーセキュリティーに特化した投資、Cスイート(CEO、CFO、CIOなど)とのコミュニケーション能力を織り交ぜることによって、サイバーセキュリティー・コンサルティングに極めて価値ある提案を行った」と指摘した。

DTTLのGlobal Leader for Security, Privacy & Resiliencyであるテッド・デザバラ氏は「Kennedyリポートは、デロイトがサイバーセキュリティー分野のすべての競合企業の中で、最も総合的な能力があることを明確に示している。効果的なサイバーリスク管理は総合的かつ広範囲なアプローチで決まるので、デロイトは群を抜いてサイバーセキュリティー・コンサルティングのトップチョイスとなる」と語った。

▽主要な調査結果
 *デロイトは、広範かつ深い能力に基づきKennedy Vanguard Leaderに指名された。
 *デロイトは、サイバー領域で最も総合的で強力なサービス提供能力を備えたプロバイダーとして認定された。
 *「デロイトは、サイバーセキュリティー・コンサルティングのニーズへの対応において、顧客のサイバーセキュリティーを深く理解したうえで、企業が先手を打ち、問題を解決することを支援するソリューションを一貫して開発、テスト、実施している」
 *「デロイトは、会議に積極的に参加しそれをリードし官民両セクターのサイバーセキュリティー問題を克服しているが、これが可能なのは同社が深い業界知見と先見性を有しているからである」
 *「デロイトは、この課題に関するカリキュラムを拡充し、より安全な未来の世界を築くために大学と協力することによって、顧客とのパートナーシップ以外のサイバーセキュリティーに貢献しており、先駆的な地位にふさわしいことを証明した」
 *「デロイトは、サイバーセキュリティーについてあらゆるレベルの人々に対して分かりやすく説明することができるため、あらゆる角度からのサイバーセキュリティー・コンサルティングへの要望に応えることが可能である」
 *「デロイトは、業界やサイバーセキュリティーに関して深い知見を備えており、デロイトだけが官民両セクターが協力するサイバーセキュリティー問題に対処するイニシアチブをリードすることができる」
 *「デロイトは、サイバーセキュリティーのカリキュラムの作成、向上を目指した大学との協力を通じて先見の明がある企業としての能力を実証しており、これによって同業グループのリーダーとしての地位はさらに強化されている」

DTTLのGlobal Leader for Cybersecurityであるケリー・ビッセル氏は「デロイトがKennedyからサイバーセキュリティー・サービスで最高の評価をいただいたことは意外なことではなく、大変満足している。われわれはサイバーをデロイトの最も重要なサービスの中の1つとして位置づけ、人、技術および買収に大きな投資を行い、サイバーセキュリティー能力を強化してきた。今回のリポートはこの投資が有効であったことを明確に示していただいた」と語った。

▽デロイトについて
Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)およびそのネットワーク組織を構成するメンバーファームの1つあるいは複数を指す。デロイト トウシュ トーマツ リミテッドおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体である。その法的な構成についての詳細はリンクを参照。

Deloitte(デロイト)は、監査、税務、コンサルティングおよびファイナンシャル アドバイザリーサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供している。全世界150カ国を超えるメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供している。デロイトの約20万人におよぶ人材は、"standard of excellence"となることを目指している。

ソース:Deloitte

▽問い合わせ先
Marielle Legair,
Global Communications,
Deloitte Touche Tohmatsu Limited,
Tel: + 1-516- 918-7170
Mobile: +1-347-213-0933
malegair@deloitte.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。