logo

ウォッチガードがネットワークセキュリティをサポートするビッグデータ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」を発表

ウォッチガードがネットワークセキュリティをサポートするビッグデータ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」を発表。インストール不要のクラウド対応の新ツールにより、「膨大なセキュリティログデータ」からネットワークとセキュリティの傾向を視覚化。

2013年10月23日(水)-企業向けセキュリティソリューションのグローバルリーダであるWatchGuard(R) Technologiesの日本法人である、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長執行役員 根岸正人、以下ウォッチガード)は本日、インストール不要のパブリックおよびプライベートクラウドに対応したネットワークセキュリティ可視化ソリューション「WatchGuard Dimension」を新たに発表しました。WatchGuard Dimensionは、今後ウォッチガードの基幹製品である統合脅威管理(UTM)アプライアンスに標準装備されます。WatchGuard Dimensionでは可視化/レポートツールを提供し、セキュリティ上の問題を素早く切り分け、隔離し、また、膨大なセキュリティログからネットワーク、セキュリティ、Webアプリケーションなどの情報を瞬時に分析し、ネットワークセキュリティの傾向を視覚化してネットワーク管理者が最適なセキュリティポリシーを迅速に策定できるように支援します。

ウォッチガードのコーポレート/製品戦略担当バイスプレジデントであるデイブ・テイラー(Dave R. Taylor)は、次のようにコメントしています。「大量のセキュリティログデータの中からネットワーク上の重要な問題を特定し、適正なポリシー策定を行うことは非常に困難であり、ほとんど不可能に近いといったことを世界中のネットワークセキュリティの専門化から耳にします。SANS Institute* の最近のレポートによると、調査した77%の企業がシステムやセキュリティ機器からログ情報や監視データを収集しているにもかかわらず、ログ情報を分析し、セキュリティの傾向などの分析を実施している企業は、僅か10%しかいませんでした。WatchGuard Dimensionによってネットワークログデータから瞬時に実用的、つまり何らかの対応につなげるための情報を提供し、セキュリティインテリジェンスを高め、今日の企業が求めるビッグデータの可視化という課題を解決することができます。」

また、Dicar Networksのプレジデント、アルマンド・ガルシア(Armando Garcia)氏は、WatchGuard Dimensionによるシンプルなセキュリティ管理に賛同しており、次のように説明しています。「UTMの特性は、複数のセキュリティ機能を備えた統合型のアプライアンスとして、昨今のサイバー犯罪やコンプライアンス遵守に対応し、管理者のリソースが軽減可能な製品となっていることが挙げられます。WatchGuard Dimensionは、さらに一歩進化したソリューションとなっています。同ソリューションは数回のクリックで、即座に利用開始することが可能で、視認性と管理性に優れています。ユーザはネットワーク上のセキュリティ問題への対処に必要なことを『どのように』達成するかよりも、『なぜ』その対応が必要なのかといったことまで管理者に伝える事が可能となるソリューションなのです。」
WatchGuard Dimensionは、ネットワークセキュリティの可視化およびレポート機能を提供するソリューションであり、ユーザはセキュリティに関連する情報を直感的に把握することが可能になります:

・エグゼクティブダッシュボード: ネットワークアクティビティのハイレベルでのビューを提供しており、具体的には傾向情報、クライアント端末情報、およびユーザやアプリケーションの相関ビューを表示することができます。また、必要に応じて個別のログデータにまで簡単にドリルダウンできます。

・サマリレポーティング: 豊富なレポーティング機能を備えており、70種類以上の総合レポートパターンから選択することが可能で、Cレベル(役員レベル)、ITやコンプライアンスの責任者、あるいは中小企業の代表者向けのサマリおよび詳細版も併せて生成することができます。サマリレポートのオプションには、HIPAAやPCIコンプライアンス対応のレポートも含まれており、組織の主要な関係者に向けて予めレポートが送信されるようにスケジューリングすることもできます。

・階層ツリーマップ: 「FireWatch」と呼ばれるツリーマップでは、トラフィックをフィルタリングし、アクティブユーザや接続に関する最重要情報を一目で把握きるよう設定されており、個々のユーザや機器の帯域幅の利用状況も特定することができます。また、ツリーマップではピボット、ドリルダウン、フィルタリング機能も備えています。

・グローバル脅威マップ:脅威マップは、世界地図上でカスタマイズが可能なビューを表示させることが可能で、地域ごとの脅威をリアルタイムで明示することも可能です。これらの情報により、攻撃の種類を特定し、防御対策を講じることが可能になります。

マネージドセキュリティソリューションプロバイダにとっては、エグゼクティブレポーティング機能が特に重要となります。eMazzanti TechnologiesのCEOであるカール・マザンティ(Carl Mazzanti)氏は、次のように称賛しています。「私たちのお客様は、eMazzanti Technologiesが提供するネットワークの安全性を保つための品質に信頼を寄せていただいています。WatchGuard Dimensionのエグゼクティブレポート機能を活用することで、レポートを自動生成し、我々がどのようにお客様の資産を保護しているかをシンプルな形で理解していただけます。さらに、私たちが提供するソリューションはクラウドベースで提供されますので、あらゆるデバイスに対していつでもどこでも安全にレポートにアクセスすることが可能となり、お客様に理想的なサービスを提供することができるのです。」

(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 社長執行役員 根岸正人)
「ウォッチガードのセキュリティソリューションでは、従来から管理性の面も重視し、お客様がストレスなく最先端のセキュリティのテクノロジを活用できるように心掛けてきましたが、WatchGuard Dimensionでは一歩踏み込んで、ネットワーク上の膨大なネットワークとセキュリティのデータを可視化しつつ有用な情報として変換し、さらに安全なセキュリティポリシーの策定に生かしていくといった好循環を生み出せるソリューションになっています。このクラウドベースの新しいセキュリティ管理ソリューションは日本国内でもXTMシリーズのバージョン11.8より標準機能として販売していきます。」

WatchGuard Dimensionは、ウォッチガードのUTMアプライアンスであるXTMシリーズのバージョン11.8より利用が可能です。11.8のその他の主な特長として、DLP(情報漏えい防止機能)** の追加、モバイル端末対応のWebユーザインタフェースへのアップデート、そして今日のさらに複雑化したネットワーク環境に対応した豊富なVPNの柔軟な設定機能などが挙げられます。バージョン11.8の新機能に関する詳細はこちらをご覧下さい。
リンク

また、WatchGuard Dimensionに関する詳細は以下をご覧下さい。
リンク

* 従来の監視活動を補強するためのアナリティクスおよびインテリジェンスに関する認知度と利用についての調査:
リンク

** 日本国内のお客様へのDLP機能の提供は現在準備中です。

【WatchGuard Technologies社について】
WatchGuard(R) Technologiesは、1996年よりネットワークセキュリティアプライアンスにおけるテクノロジリーダとして、信頼性が高く、管理性に優れたセキュリティソリューションを全世界の企業に提供しています。WatchGuard XTMは、アプリケーションプロキシー技術に基づくマルチレイヤの高度なセキュリティを可能にし、容易な導入、運用、サポートとともに、高い費用対効果を実現しています。ウォッチガードは株式非公開企業で、本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック、ラテンアメリカに支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、2000年に設立され、多くのパートナーを通じて、アプライアンスの販売のみならず、マネージド(管理)サービスも提供しています。日本市場では、中堅/中小企業のセキュリティの「見える化」、セキュリティとネットワークの「管理」など拡大するニーズに対し、ソリューションを提供しています。詳細は リンク をご覧下さい。

WatchGuardは、WatchGuard Technologies, Inc.の登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-9-1 中目黒GS第1ビル3階
マーケティング担当:堀江
Tel: 03-6451-0791
Fax: 03-6451-0792
Email: jpnsales@watchguard.com
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。