logo

「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」を開催します!

熊本県 2013年12月20日 20時46分
From 共同通信PRワイヤー

平成25年10月22日

熊本県

「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」を開催します
~「育もう 生命(いのち)かがやく 故郷(ふるさと)の海」~
~10月26日(土曜日)、27日(日曜日)~

 熊本県では平成25年10月26日(土曜日)、27日(日曜日)の両日、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、熊本市、水俣市、天草市で「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」を開催します。
  
 全国豊かな海づくり大会は、水産資源(魚介類や藻類など)を守り育て、増やしていくことや、海の環境を守ることの大切さを広く発信するとともに、水産業の振興を図ることを目的として、昭和56年以降、毎年開催されています。

 今回が初めての開催となる熊本大会では、「育もう 生命(いのち)かがやく 故郷(ふるさと)の海」のテーマの下、有明海、八代海、天草灘という特徴の異なる3つの海で営まれている特色ある熊本の水産業の魅力と、水俣の海の再生について、各行事(式典行事、海上歓迎・放流行事、関連行事)を通じて全国に発信します。
 
 また、今回14年ぶりに熊本を行幸啓される天皇皇后両陛下は、国立療養所菊池恵楓園、水俣病慰霊の碑、水俣市立水俣病資料館、熊本城などを御視察いただくことになっています。

◆式典行事
 ・10月27日(日)午前
 ・熊本県立劇場(熊本市)

◆海上歓迎・放流行事
<八代海地域海上歓迎・放流行事>
 ・10月27日(日)午後
 ・エコパーク水俣(水俣市)
 ・歓迎演奏・演舞で幕を開け、有明海、八代海、天草灘の3つの海で操業する漁船等に
  よる漁業紹介や、次世代への豊かな海を継承するため、招待者による稚魚(ヒラメ、
  カサゴ)の放流を行います。

<有明海地域放流行事>
 ・10月27日(日)午後
 ・熊本港(熊本市)
 ・有明海地域の漁船等によるパレードや、招待者及び一般来場者による稚魚(ノリ、
  クルマエビ、ウナギ)の放流を行います。

<天草地域放流行事>
 ・10月27日(日)午後
 ・牛深魚港(天草市)
 ・天草地域の漁船等によるパレードや、招待者による稚魚(マダイ、ヒラメ、イサキ)
  の放流を行います。

◆関連行事
 ・熊本市中心市街地及び各放流行事会場周辺では、ステージイベント、企画展示、
  物産販売、体験ブースの設置等、多彩な催しを行います。
  熊本市中心市街地の会場には、どなたでも大会の模様をご覧いただけるよう、
  大型のモニターを設置し、式典行事や海上歓迎・放流行事の映像を生中継します。

◆県庁ホームページ
 リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事