logo

インフォマティカ、2013年データ品質管理ツールのマジック・クアドラントでリーダーに 位置付けられる

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2013年10月9日 - データインテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダーInformatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、ITリサーチおよびアドバイザリーのリーディング企業であるガートナー社が公開した2013年データ品質管理ツールのマジック・クアドラント(2013 Magic Quadrant for Data Quality Tools )レポートにおいて、インフォマティカが「リーダー」クアドラントに位置付けられたことを発表しました。 マジック・クアドラント図を含めたレポートの完全版はインフォマティカのWebサイトリンクでご覧いただけます。

同レポートの作成者で、ガートナー社のバイスプレジデント兼最上級アナリストであるテッド・フリードマン(Ted Friedman)氏は次のように述べています。「情報資産の価値を有効活用したいと考える組織が増えるのに伴い、データ品質管理の重要性も大きくなってきており、データ品質に対する戦略、組織としての課題、具体的な対応策への革新的なアプローチへのニーズは、現在かつてないほど高まっています。」また同氏は、レポートの中で次のように述べています。「データ品質管理ツールによって、現在のエンタープライズ環境に共通するITの複雑さ(複数のプラットフォーム、ストレージのメカニズム、多様な形式やセマンティックなど)を吸収し、データ量の増加によって実行が難しかった活動を自動化することができるようになります。特に、データ品質レベルの評価、さまざまなタイプの問題点の洗い出し、問題に対処するためのビジネスルールの適用、問題解決のプロセス全体を通して追跡管理を行う基盤を提供することで、データ品質管理ツールは、さらにデータ品質の改善と管理の目標達成を支援することができるようになります。」

本レポートには次のようにも述べられています。「エンタープライズソフトウェアの分野においてデータ品質管理は、最も急成長している市場の1つです。ガートナーの概算で、2012年末におけるこの市場のソフトウェア収益は9億6,000万ドルに達しています。これは対前年比(2011年)のドル基準で12.3%の成長率となります(2011年は17.5%という際立った成長率を記録)。ガートナーは、今後数年間この市場の成長は加速し、2017年までに16%に達してドル基準のソフトウェア収益で20億ドル近い規模にまで成長すると予測しています。」

Informatica Data Quality は単一の統合プラットフォームを基盤に、オンプレミス(自社運用)とクラウドの両方を通して、あらゆるプロジェクトとアプリケーションのすべての関係者、プロジェクト、データドメインに監査性と普遍性を備えたデータ品質管理環境を提供します。またInformatica Data Quality環境では、埋め込み可能な仮想データマシン(VDM: Virtual Data Machine )Informatica Vibe*によりユーザーは、基盤となっているプラットフォームやテクノロジーのタイプに関係なくプロアクティブにデータのモニタリングとクレンジングを実行できるようになり、企業はデータの品質管理とガバナンス(統制)の責任を共有することが可能になります。

インフォマティカのデータインテグレーション担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、アッシュ・クルカルニー(Ash Kulkarni)は次のように述べています。「ガートナー社のデータ品質管理ツールマジック・クアドラントでリーダーとして位置付けられたことは、データ統合とデータ品質管理のための最高レベルのプラットフォームを継続して進化させている当社の実績が認められた結果であると捉えています。 これからも当社は、データの品質と信頼性を高め、ビジネスのアジリティ(俊敏性)を向上させることによって、企業が情報から最大限の価値を引き出すためのサポートを提供することに集中していきたいと思います。」

*Vibeに関する情報は、下記URLからご確認いただけます。
リンク

他のガートナーマジック・クアドラントにおけるインフォマティカのリーダーとしての評価

• Gartner 2013 Magic Quadrant for Data Integration Tools (データ統合ツール、2013年7月17日)
• Gartner 2012 Magic Quadrant for Data Masking Technology (データマスキングテクノロジー、2012年12月20日)
• Gartner 2012 Magic Quadrant for Master Data Management of Customer Data Solutions (マスターデータ管理、2012年10月18日)

マジック・クアドラントの免責条項
ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。 ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチのオピニオンを表したものであり、事実を表現したものではありません。 ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータインテグレーションソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォマティカのソリューションによって、世界中の企業がデータから可能性を引き出し最も重要なビジネスニーズを満たしています。Informatica Vibeは、インフォマティカプラットフォーム独自の「Map Once. Deploy Anywhere」(一度のマッピング定義でどこでも適用可能)を支える、業界初にして唯一の埋込み式の仮想データマシン(VDM)です。現在世界5,000社を超える企業が、企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の企業外に保有する、あらゆるデバイスやモバイル、SNSから集まる情報資産(ビッグデータ)から最大限の価値を引き出し、活用することに成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事