logo

エジプト・フォーラム22「太陽の船プロジェクト再開~エジプトの争乱を乗り越えて~」

早稲田大学 2013年10月18日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2013/10/18

早稲田大学広報室広報課

エジプト・フォーラム22「太陽の船プロジェクト再開~エジプトの争乱を乗り越えて~」

早稲田大学エジプト学研究所では、エジプト・フォーラム22「太陽の船プロジェクト
再開~エジプトの争乱を乗り越えて~」を開催いたします。吉村作治名誉教授率いる
早稲田隊は1987年、ギザのクフ王の大ピラミッド南側で「第2の太陽の船」を発見し
1993年には木片のサンプリングに成功しました。その後資金難などを乗り越え、
2009年に活動が再開されました。今回は吉村名誉教授をコーディネーターとして、
エジプトと他の中近東諸国などで発掘・修復に携わる方々とのパネルトークを行い、
アラブの民主化運動下での文化財の情況や調査の苦労などを語り合います。

                   記

開催日:11月10日(日)15:00~18:00(14:30開場)
会場:早稲田大学大隈記念講堂・大講堂(東京都新宿区西早稲田1-103)
主催:早稲田大学エジプト学研究所
リンク
内容に関する問い合わせ:早稲田大学エジプト学研究所 
            egyptforum22@gmail.com 03-5285-1302

                                        

【プログラム】15:00 開会の挨拶
15:30 基調講演  「エジプトの社会情勢と早大隊のエジプト調査」
     -吉村作治(早稲田大学名誉教授・工学博士)
16:40 パネルトーク『社会混乱期の文化財の情況』
     コーディネーター:吉村作治、
     パネリスト:前田耕作(和光大学名誉教授)
     中川 武(早稲田大学教授・工学博士)
     近藤二郎(早稲田大学教授・早稲田大学エジプト学研究所所長)
     宮下佐江子(古代オリエント博物館研究員)
     黒河内宏昌(太陽の船復原研究所教授)
18:00 閉会
                                以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事