logo

県有施設の屋根を借りて行う太陽光発電の対象施設を拡大しました ~ 発電事業を行う事業者を明日から募集開始 ~

佐賀県 2013年10月18日 13時57分
From Digital PR Platform


 県では、「佐賀県総合計画2011」において「太陽光王国『佐賀』の実現」を“進”重点項目に掲げ、普及率において11年連続日本一を誇る住宅用太陽光発電に加え、メガソーラー、事業所用太陽光発電の三本柱で太陽光発電のさらなる普及拡大に取り組んでいます。
 事業所用太陽光発電については、これまで、太陽光発電を身近に感じてもらうため県庁舎やアバンセなどで自ら発電設備を設置するとともに、平成24年度からは、同年7月に国の固定価格買取制度が開始されたことを契機として、県有施設の屋根を民間事業者に貸し出して太陽光発電設備を設置してもらう事業などに取り組んできました。
 今回は、この県有施設の対象を大幅に拡大し、明日から、新たに屋根や屋上を借りて発電事業を行う事業者を下記により公募しますので、お知らせします。



1 対象施設
 66施設338棟(別記「対象施設一覧のとおり」)
 原則として、知事部局及び教育庁が所管する全ての県有施設
 ※屋根の状況等により明らかに設置できない施設、現在改修工事中か数年以内に具体的な改修工事の計画がある施設等は除きます。
 ※今回の公募対象としていない施設についても、引き続き公募準備を整え、順次公募対象に追加する予定です。

2 施設の使用料
 100円/平方メートル(年間)以上(事業者からの企画提案により施設ごとに決定)

3 太陽光発電の事業期間
 20年以内

4 応募条件
(1)県内企業等(※)、または県内企業等を含む複数の企業等で構成する団体であること
 ※「県内企業等」とは、県内に本店を有する企業、または県内に支店等を有し、従業員4人以上(当該支店等の県内在住従業員0比率が50%以上)の企業もしくは誘致企業のことです。
(2)設置時に必要な屋根の防水工事を発電事業者負担で行うこと
(3)災害時や停電時などの非常時には、太陽光発電で発電した電気を設置施設へ無償で供給すること
(4)施設内に発電状況が分かる発電モニターを設置すること

5 今後の主なスケジュール(予定)
(1) 現地説明会
 現地説明会は、応募を検討する事業者から希望の申込みのあった施設について、申込み後に施設ごとに日程調整を行い実施します。
 ・申込期間
  平成25年10月18日(金曜日)~11月1日(金曜日)
 ・実施期間
  平成25年10月21日(月曜日)~11月15日(金曜日)
 ・申込方法
  所定の様式により、下記の申込み先に電子メールにてお申込みください。
 ・申込先
  農林水産商工本部新エネルギー課
  E-mail:shin-ene@pref.saga.lg.jp
 ※各施設では説明会の申し込み、問合せ等は受け付けておりませんのでご注意ください。
(2) 企画提案書応募締切
 平成25年11月29日(金曜日)
(3) 事業実施者選定
 平成25年12月上旬
 提出された企画提案書等を審査し、施設ごとに事業者を決定します。
 事業者が決定した施設については、施設名、事業実施者名、使用料及び発電規模等を県のホームページにより公表します。
※上記の応募締切日までに応募がなかった施設、及び事業実施者選定において事業実施者が決定しなかった施設については、引き続き応募を受け付けます。(なお、この場合は、応募の都度、先着順で提案書を審査し、事業実施者が決定した時点で当該施設の募集を締切り、応募状況及び事業者の決定状況については、随時県のホームページで公表します。)

6 提出書類
 以下の書類を5(2)の企画提案所応募締切日までに、7の提出先あて、郵送又は持参にてご提出ください。
(1)企画提案参加申込書
(2)企画提案参加者(代表者)概要、連合体の概要
(3)企画提案に関する誓約書
(4)役員名簿
(5)事業計画書
(6)その他企画提案に必要な書類

7 提出先
 〒840-8570(当該郵便番号の場合は住所の記載は不要です)
 佐賀市城内1-1-59
 佐賀県農林水産商工本部新エネルギー課(佐賀県庁新行政棟6階)

8 その他
 本公募に関する詳細は、県ホームページの「しごとと産業」の「新エネルギー関連」コンテンツに掲載しています(以下のURLからご覧いただけます)。
 リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事