logo

中国最大級無料メッセンジャーアプリ「WeChat」オフィシャルアカウントのプロモーションサービス提供開始

株式会社アドウェイズ 2013年10月18日 13時42分
From 共同通信PRワイヤー

2013.10.18

株式会社アドウェイズ

アドウェイズチャイナ、中国最大級無料メッセンジャースマホアプリ「WeChat(微信)」オフィシャルアカウントのプロモーションサービスを提供開始
~サービス拡大に合わせ、プロモーションを全面サポート~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久)の100%子会社である愛徳威広告有限公司(住所 中国上海市、代表取締役:清水洋一、以下アドウェイズチャイナ)は、中国インターネット企業大手、騰訊控股有限公司(Tencent)(本社:中国広東省、代表者:馬化騰、以下テンセント)が提供する中国最大級の人気無料メッセンジャースマホアプリ「WeChat(微信、ウィーチャット)」をプラットフォームとする、プロモーションサービスの提供を開始いたしました。


「WeChat(微信)」は、18言語に対応し、利用ユーザー数世界約4億人(うち中国外のユーザー約1億人)を誇る、無料でボイスメッセンジャーやチャットが楽しめる中国発のメッセンジャースマホアプリです。
中国をはじめインドネシア、フィリピン、マレーシアなどではアプリマーケット1位を獲得しています。

アドウェイズチャイナは、中国で培ったeマーケティングビジネスの豊富な顧客資源と技術開発力により、2012年11月にテンセントのソーシャル広告プラットフォームにおいて、日系企業として初めての広告代理パートナーに認定され、テンセントの顧客に対してソーシャルマーケティングを提供してまいりました。
昨今、スマートフォンユーザーの急増に合わせ、「WeChat(微信)」の利用者が増加しており、ユーザーとのコミュニケーションや販促に新しいマーケティング手段として「WeChat(微信)」を利用する企業が増えています。

中国のスマートフォン出荷台数は2012年に米国を上回り、2013年には3億6,000万台、2014年には前年比25%増の4億5,000万台に達すると予想されています。(出典:IDC)

アドウェイズチャイナは今回のサービス提供により、中華圏及びアジア各国で培ったノウハウや事業経験、技術力を活用し、「WeChat(微信)」のプロモーションを全面的にサポートしてまいります。

<「WeChat(微信)」プロモーションサービス提供内容>
・企業のオフィシャルアカウント運用プランのコンサルティング
・フォロワーの増加と活性化を目的としたプロモーション
・各企業に合わせた「WeChat(微信)」との連動型アプリケーションの開発
・ユーザー管理システムの運用・レポーティング


今後アドウェイズチャイナは、東南アジアを中心に世界的にサービスを拡大する「WeChat(微信)」をはじめ、「テンセントウェイボー」「Q-ZONE」など中国最大級のソーシャルメディアを運営するテンセントと両社の関係を更に深めると共に、当社の広告サービスとの連携も視野に入れ、スマートフォン市場の活性化と拡大に努めてまいります。


■騰訊控股有限公司(テンセント)について リンク
1998年設立。中国最大級のインター総合サービス企業。WeChat(微信)、チャットサービスQQ、ブログサービスQQ空間、SNS朋友網、ウェイボーなど幅広く提供。

□■□愛徳威広告(上海)有限公司について   リンク
2004年設立。株式会社アドウェイズ100%出資の中国子会社。中国でのインターネット広告事業・モバイル広告事業を展開。中国全土において、中国最大級のアフィリエイトプログラム「CHANet(チャネット)」をはじめ、ウェイボーのアカウント運用を中心にSNSやBBSの管理・運用を行うソーシャルマーケティングサービス「WOM VISION(ワムビジョン)」、検索連動型広告「Keynet(キーネット)」、スマホ向け広告サービス「AppDriver China」を提供。上海、北京、深セン、香港、台湾に拠点を持つ。

□■□株式会社アドウェイズについて   リンク
2001年設立。国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営を始め、PC媒体向けアフィリエイトプログラム 「JANet」の運営、スマートフォン向け広告サービス「AppDriver」の運営、アプリ/コンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会 社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。海外拠点は、アジア、北米地域など10カ国。2006年に東証マザーズ上場。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。