logo

効くデジタルマーケティングを実践に学ぶ 『キクデジ塾』 開催!

第四回テーマは 『今、知っておくべき、プライベートDMP導入における3つのポイント』。 ゲスト講演者はスターツ出版の田沼氏。11月7日(木)六本木アカデミーヒルズにて開催。

事業主・広告主のための、“効くデジタルマーケティング”の学びの場
『第四回キクデジ塾』を開催。
今回はブレインパッドと初の共催セミナー。
テーマは「今、知っておくべき、プライベートDMP導入における3つのポイント」
ゲスト講演者にスターツ出版の田沼氏を招き、
11月7日(木)六本木アカデミーヒルズにて開催します。




株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、2013年11月7日(木)に、事業主・広告主向けの“効くデジタルマーケティング”の学びの場である『第四回キクデジ塾 今、知っておくべき、プライベートDMP導入における3つのポイント』を開催いたします。

『キクデジ塾』とは…デジタルエージェンシーのスパイスボックスがプロデュースする、事業主・広告主のマーケティング担当のためのデジタルマーケティング勉強会です。企業のブランド価値向上や顧客創出、顧客との継続的な関係づくりなどマーケティング活動における本質的な価値につながるテーマを設定し、不定期で開催していきます(月1回の開催予定)。毎回のテーマにあわせてマーケティング業界で活躍するゲストをお招きし、講演やパネルディスカッションを通じて「いま本当に“効く”デジタルマーケティングとは?」を、ともに考え、マーケティング活動の中で活かせる“ヒント”を発見できる場となることを目的としています。

株式会社ブレインパッドと初の共催セミナーである、第四回テーマは『今、知っておくべき、プライベートDMP導入における3つのポイント』。企業と接触する顧客の目的や動機が多様化している今、顧客のニーズや、購買行動に合わせたコミュニケーション設計が必要となっています。そのために必要な顧客情報を統合・蓄積できるプラットフォームとして注目されているのが、データマネジメントプラットフォーム=“DMP”です。「プライベートDMPの導入を検討している」「他社の、プライベートDMP活用事例の情報収集をしている」など、いよいよ導入や普及が本格化してきたDMPを活用し、顧客に合わせたOne to Oneのマーケティング施策を実現したいと考えるマーケティング担当者の方のための勉強会です。
ゲストにスターツ出版株式会社の田沼和義氏を迎え、DMPの導入経緯、マーケティング施策の実行、そこから得られた結果など、実際の取り組み事例に基づいたお話をしていきます。

<開 催 概 要>
概要
タイトル:第四回キクデジ塾 『今、知っておくべき、プライベートDMP導入における3つのポイント』
日時 :11月7日(木) 14:00~16:35 (13:30 受付開始)
会場 :六本木アカデミーヒルズ カンファレンスルーム1
定員 :30名様 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます
企画・運営:株式会社スパイスボックス

申込要領
参加費 :無料
お申込み:専用フォームよりお申し込みください
締切 :2013年10月31日(木)
※本勉強会は、事業主・広告主様を対象とした勉強会となります。同業他社のご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。
お申込みはこちら
リンク

アジェンダ
■第一部 14:10~14:30  
『広告配信だけではない。DMPでできることとは?』
株式会社スパイスボックス
デジタルコミュニケーションデザイン局マーケティングチーム
シニアアナリスト/システムコンサルタント
福田 晃仁

■第二部 14:30~15:20  
『OZmallプライベートDMP構築に向けて~CRMデータ構築から始めるケーススタディ』
スターツ出版株式会社 オズモール編集部 マネージャー マーケティング担当
田沼 和義氏
株式会社ブレインパッド
セールス&マーケティング部 リーダー 兼 プロダクトマネージャー
深見 秀政氏

■第三部 15:35~16:05
『これからのDMP活用法アイデアを考える!』
パネリスト:
スターツ出版株式会社 田沼 和義氏
株式会社ブレインパッド 深見 秀政氏
株式会社スパイスボックス 福田 晃仁

■第四部 16:05~16:35
『交流会』 
(16:35閉会予定)


講師のご紹介

スターツ出版株式会社 オズモール編集部 マネージャー マーケティング担当 田沼 和義 氏
出版社にて販売、マーケティング担当を務めたのち、2008年にスターツ出版入社。オズモールにてネイルサロン予約サービスの立ち上げ、営業支援ツールの構築、ポイントサービスの立ち上げ、CRMシステムの導入、リスティング広告のインハウス化などを担当。2011年より現職。現在はCRMシステムとインターネット広告の一元管理を推進。

株式会社ブレインパッド セールス&マーケティング部 リーダー 兼 プロダクトマネージャー 深見 秀政 氏
現職に至るまで約10年以上、化粧品業界、保険業界、通販業界を中心に様々な業種のWebマーケティング領域のコンサルティング営業を担当。
現職では、ASP関連事業全般の営業マネジメント及びプロダクトマネジメントを行っている。

株式会社スパイスボックス デジタルコミュニケーションデザイン局マーケティングチーム
シニアアナリスト/システムコンサルタント 福田 晃仁
CMSやECエンジンなどのアダプテーション、運用業務に従事しプロジェクトマネージャーとしてキャリアを積む。2010年頃からアナリストとして国内売上上位ECサイトの購買分析を担当。BIインフラや集計サーバの構築といったシステムコンサルテーションも手掛ける。分析を基にした「根拠のある施策」設計を行っている。


■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
従業員数 : 101人(2013年10月現在)
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス
キクデジ塾 運営事務局
担当 : 古川 恵子
TEL : 03-3583-5361
E-Mail : keiko_furukawa@spicebox.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事