logo

◎第20回Africa Oil Weekが石油・ガス開発競争に照準

Global Pacific & Partners 2013年10月17日 10時42分
From 共同通信PRワイヤー

◎第20回Africa Oil Weekが石油・ガス開発競争に照準

AsiaNet 54646
共同JBN 1218 (2013.10.17)

【ケープタウン(南アフリカ)2013年10月17日PRN=共同JBN】
 *アフリカの有力会議である第20回Africa Oil Week(アフリカ・オイル・ウィーク)は新しい資源発見と開発の機会に注目する

11月25-29日に開かれる第20回Africa Oil Weekは、世界中から既に1000人余りの確認済み代表を迎え、参加予約登録が締め切られており、あらためてアフリカの石油・天然ガス開発競争における主要な探査、開発のための行事であることが実証された。期間中、有力企業、各国政府、国営石油会社、独立事業者からの100人を超える基調講演者が、アフリカ大陸における新たな石油・天然ガス探査、新興ベンチャー企業、LNG開発に焦点を合わせる。

Africa Oil Weekの集中的関心は、探査・開発・生産チェーン、企業の石油・天然ガス戦略、新規参入、外国プレーヤー、アップストリーム政策および投資機会に向けられ、ニジェール西部デルタの探査からアンゴラの巨大な機会まで、さらにナミビアのフロンティア探査地域からモザンビーク、ケニア、タンザニアなど東アフリカまで、アフリカの石油・天然ガスおよびエネルギーの将来を決定づける。

11月26日に開催される第10回Africa Independents Forumが、独立事業者の挑戦、ファーストオイル、成功戦略、資産構成における天然ガス、シェールガス開発、フロンティア国家の問題を集中的に取り扱う。

11月25日の第54回PetroAfricanus Dinnerでは、アフリカ探査事業で特に優れてまれな1人で、アフリカ大陸で数十年の経験のあるティム・オハンロン氏(Tullow Oilのアフリカ事業社長)が、かつては取るに足りない男がアフリカで有数の独立事業者の1人となり、サハラ砂漠以南のアフリカで高品位のポートフォリオを保有することになった経緯を明かす。

ダンカン・クラーク氏(Global Pacific & Partners会長)が11月25日、第15回Scramble for Africa Strategy Briefingを開催し、アフリカにおける競争者のマップの変化を追跡して、約500のプレーヤーの戦略について経験豊かな識見と解釈を紹介する。独自の一連の識見は比べものがなく、毎年のように企業経営者や政府当局者ら高水準の聴衆の関心を集める。

2013年のAfrica Oil Weekの開催中、アフリカに対する研究上の貢献、知的貢献に対するビッグファイブ(Big Five)のAnnual AwardsおよびConrad Gerber Awardsが発表される。Special Parallel Sessionsは、Young Professionals in Oil, Gas & Energy、Local Content in Africa、Emerging Exploration Technologies、さらにはthe Global Women Petroleum & Energy Club Breakfast in Africaを開催する。

Website: リンク

ソース:Global Pacific & Partners

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。