logo

【FILCO】直販限定の新製品が2種類登場!2色成型キーキャップセット&リアルカーボン加工キーボード

ダイヤテック株式会社 2013年10月17日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013/10/17

ダイヤテック株式会社

FILCO Majestouchシリーズ専用2色成型カスタムキーキャップセット(日本語108かな無しモデル/英語104モデル)の販売を開始。
ワンランク上の質感!リアルカーボン加工のキーボード2種を同時発売。

ダイヤテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鍋田 邦汎)は、2013年10月17日よりMajestouch専用2色成型のカスタムキーキャップセット(日本語108キーセット/英語104キーセット)2種を自社通販サイト「ダイヤテックオンラインショップ」で販売開始致します。

2色成型とは先ずキーキャップの文字部分を樹脂で成型し、その文字部分をベース部分と組み合わせ再度成型する技術です。金太郎飴の様な形状になるので印字が消えることがありません。お手持ちのMajestouchキーボードのキーキャップをお客様ご自身が交換することで、独特のキータッチをお楽しみ頂ける商品です。

背高で肉厚のキーキャップは通常のキーキャップよりも打ち応えがあり、例えばキー荷重が重いMXスイッチ黒軸が普段よりかなり軽く感じられます。その他のスイッチでもそれぞれ今までとは違った打ち心地を体感できます。キートップの形状がすり鉢状になっており、シボが無いので、まるで指に吸い付くようなフィット感があります。上2列のキーキャップは通常の物よりも傾斜を強くしてあるので、伸ばした指で押し弾くように打鍵してもしっかりと受け止めてくれます。また2色成型なので文字消えがなく、末永くご使用頂けます。

108キーキャップセットは日本語かな無しタイプで、変換、無変換キー等FILCOオリジナルのマークを採用しています。又、通常のMajestouchよりもフォントサイズが大きいので視認性が高く、ご高齢のユーザーにも最適です。Majestouch Tenkeylessシリーズ(91キー日本語配列、87キー英語配列)でもご使用が可能です。

取り付けに自信がない方の為に、ダイヤテックオンラインショップでは取り付けサービス(工賃有料)もご用意しております。


製品詳細ページ
リンク

ダイヤテックオンラインショップ
リンク

--------------------------------------

FILCOキーボード工房にてリアルカーボン加工キーボード2種の取扱いを開始!

FILCOキーボード工房ではキーボードのフレームに、それぞれの技を持った職人さんに加工を施して貰い製品化しています。加工とは「工」(タクミ)を加える作業であり、職人さんが長い年月「工」(タクミ)を磨いて来たからこそ出せる味わいが封じ込められています。

今回は「カーボン加工」のプロフェッショナルにお願いし、キーボード上ケースにカーボン加工を施したリアルカーボンキーボードが完成しました。
カーボン加工には製品そのものをカーボンで成型し強度と軽量化を目的とする加工と、製品にカーボンを貼付けドレスアップを目的とする加工の2種類があります。
今回発売する製品にはドレスアップを目的としたカーボン貼付け加工を施してあります。
下地処理したキーボードの上ケースにカーボン繊維を樹脂で固定し、その上から更に樹脂を含侵させ乾燥させます。その工程を繰り返しリッチな樹脂層を形成後に最終仕上げを施しています。肉厚で豊潤な樹脂層にもかかわらず驚くほどの透明感があり、カーボンの織り目が立体的に浮かび上がります。ワンランク上の質感を求める本物志向の方にお勧めします。

カーボン柄は2種類からお選び頂けます。

【平織】 カーボン繊維の束が交互に編み込んであり、カーボンと言えば平織りが一般的です。繊維を交互に織り込んでいるので剛性が高く、航空機やレーシングマシーンの車体などに広く採用されています。

【綾織】 カーボン繊維の束が1つ飛ばして編み込まれており、カーボン繊維が斜めに現れます。カーボン繊維が大きいので美しく、別名『見せるカーボン』と言われています。

※この製品は少量生産しか出来ない為、受注生産扱いとさせて頂きます。在庫がない場合は発注から納品まで1ヵ月程度お時間を頂戴します。(受注状況によってはさらにお時間が掛かる場合もございます。)
※大口の受注の場合はお断りさせて頂く場合があります。


ご注文はこちらから。
FILCOキーボード工房(セミオーダーメイドキーボードショップ)
リンク

--------------------------------------

[この件に関するお問い合わせ先]
ダイヤテック株式会社 CPS事業部 TEL:03-5688-3421 FAX:03-5688-3456
担当:藤田 メールアドレス:fujita@diatec.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事