logo

Catchpoint、グローバルパフォーマンスモニタリング機能を拡大

Catchpoint Systems 2013年10月16日 11時30分
From JCN Newswire

同社は200ノード以上の拡張グローバルネットワークを提供するために、2013年に国際ノードを2倍以上増加

NEW YORK, NY, Oct 16, 2013 - ( JCN Newswire ) - ウェブおよびインフラモニタリングソリューションの革新的プロバイダ、Catchpoint Systems, Inc.は、企業がお客様を満足させ、業務を円滑に実施できるように、2013年にグローバルウェブとモバイルパフォーマンスモニタリング機能を大きく拡大したことを、本日発表しました。同社はヨーロッパとアジア太平洋地域を中心に、50以上の新規バックボーンノードを国際的に展開していますが、グローバル企業のパフォーマンス課題の激化に対応するというミッションを継続し、今回、145か所以上のバックボーンロケーション、40か所のラストマイルロケーション、および30か所の3Gおよび4Gノードを提供します。

今回、Catchpointは全世界の複数の通信事業者にライブノードを持つようになりました。その中にはカイロ、カルガリー、コペンハーゲン、デリー、フランクフルト、ヨハネスブルク、ロンドン、メルボルン、モスクワ、ムンバイ、パリ、ソウル、瀋陽、ストックホルム、東京、ウィーン、チューリヒなどの大都市も含まれます。Catchpointはアジア太平洋地域での到達度向上のために中国のノードを2倍以上に増やし、2013年に中国でさらに6つのノードを追加しましたので、アジア太平洋地域のライブノードは合計43になりました。さらに、同社は、フランス、英国およびオランダで重要なラストマイル接続を11か所追加しました。

Catchpointにより企業は、顧客満足度の維持と販売収益の保護のためにウェブとモバイルサービスのスピード、信頼性および可用性を改善します。ソリューションによりIT専門家は、アプリケーションの可視性と制御性を高め、真のカスタマーエクスペリエンスを包括的かつリアルタイムに分析することにより、end-to-endのパフォーマンスを前倒しでモニターできます。企業はまた、Catchpointの無線ノードネットワークを活用して、非モバイルWebアプリケーションや、モバイルアプリに使用されるAPI、モバイルおよびデジタル屋外広告、モバイル商取引、M2M (machine-to-machine)技術などをモニターできます。

「企業が今日のモバイル消費者時代での競争を望んでいるなら、グローバルな携帯ネットワーク全体でウェブアプリケーションアクセスに包括的な可視性を持たせることが絶対に必要です。」と、Catchpoint CEOで設立者のMehdi Daoudiは述べました。「無線ノードのグローバルネットワークを継続的に成長させることで、我々はお客様がパフォーマンスグリッチの根本原因を迅速に洗い出し、カスタマーエクスペリエンスや販売に影響を与える前に、問題を迅速に解決できるようにします。」

Catchpointについて

Catchpointは、企業がユーザー満足度を向上し、品質管理コストを節減し、収益を保護するためにグリッチのない高速なオンライン環境を確保できるように、オンラインサービスの業績をよりよく理解するお手伝いをしています。同社のウェブパフォーマンスとアプリケーションモニタリングツールは、ビジュアルに整理された情報により比類ない知見を提供することにより、ITが迅速にパフォーマンスの問題を発見し解決するのに役立つリアルタイム分析を提供します。Catchpointは2008年9月に経験豊富な元DoubleClick/Google社員により設立され、Battery Venturesに後援されています。本社はニューヨークにあります。詳しい情報は www.catchpoint.com リンク をご覧ください。

メディアお問い合わせ先:
Erica Camilo
BluePoint Venture Marketing (Catchpoint担当)
erica@bluepointmktg.com
+1-610-639-5644

概要:Catchpoint Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。