logo

【WEBリスクレポート】2013年9月度分析結果

株式会社エルテス 2013年10月16日 09時11分
From PR TIMES

ネット上で広がるWEBリスクが企業活動に与える影響

2013年9月度に発生したWEB上での炎上事件を、WEBリスク対策を専門とする株式会社エルテスが独自分析。
日別炎上件数の推移に炎上の対象分類、炎上事例をピックアップ。
最新のWEBリスクに対して企業が執るべき対策方法をご紹介いたします。

 2006年頃を境に、CGM(Consumer Generated Media)と呼ばれるWEBメディアが流行しはじめ、WEB2.0という言葉が生まれました。掲示板や口コミサイト、SNSが流行し、一般ユーザーが誰でも発信できるようになった半面、ネット上には誹謗中傷などが氾濫しているのも事実です。こうしたWEB上の誹謗中傷は、法律に触れていると立証できない限り、削除などの対応は「表現の自由」との兼ね合いで困難を極め、企業としては泣き寝入りせざるを得ない状況が続いています。2013年7月には参議院議員選挙からネット選挙も解禁され、ORM(Online Reputation Management=ネット上の評判管理)が注目を集めています。
 株式会社エルテスはWEBリスク対策の専門会社として、企業経営の御支援をさせていただいており、企業がWEBリスク対策を行う際の情報提供として、毎月WEBリスクレポートを公開しております。
 本レポートは現代的事象とも言える「炎上」をメインに取り扱った内容でございますが、詳細等につきましては直接お問い合わせ下さい。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。