logo

”ブラック×レッド” の強烈なコントラスト。700cサイズながらも”折りたためる”クロスバイクを発売。

ビーズ株式会社 2013年10月16日 08時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/10/15

ビーズ株式会社

”ブラック×レッド” の強烈なコントラストを持つ個性派バイク。
700cサイズながらも、”折りたためる”クロスバイクを発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より、
「DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM( スロウジャム)」を発売します。

 DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM最大の特徴は「折りたためる」ということ。700C サイズという大径タイヤを装備し、シンプルなダイヤモンド形状のフレームを持ちながらも、そのフレーム内に「折りたたみ機構」を内蔵。付属の工具を利用し、簡単に折りたたむことが出来ます。

 大径タイヤによる走行安定性の強化にはじまり、21段変速機、近年問題となる事故を未然に防ぐべく強力なストッピングパワーを備えたディスクブレーキなど、交通量や変化の多い街中において、自由な走りをサポートする機能を搭載します。

 モデルネーム「スロウジャム」の”ジャム” は、ジャムセッション、という言葉がある通り、ミュージシャン同士が集まり、思い思いのプレイを即興にて行うことを指しています。そして、「DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM(スロウジャム)」は、気の合う仲間たちと自由に走ることをイメージして、仲間と楽しく、行き場をその時どきで決めながら自由に走ることを思い描き、デザインされています。
 
 外観においては「黒と赤」という、コントラストの強い配色を採用したことが特徴。さらには車輪を大きく力強く見せるために、タイヤとホイールを同色とする、通常は黒色が使用されることが多いブレーキワイヤ・チェーンにも赤色を採用するなど、パーツ単位で配色にもこだわりました。



■細部にわたる”赤”へのこだわり
チェーン、リム、タイヤ、バーエンドなど、各所に赤をちりばめました。
ブラックのフレームとのコントラストが魅力です。

■ストリートテイストのデザイン
フロントにはディスクブレーキを使用。
各所にストリートテイストのグラフィックデザインを採用しました。


【製品名】 DOPPELGANGER 822-700 SLOW JAM(スロウジャム)
【価格】  オープン価格 ※参考価格:37,350 円(税込)
【サイズ】 700 × 23c
【フレーム素材】 スチール
【重量】 14.4 kg
【製品ページ】  リンク
【プレスリリース一覧】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。