logo

新日鉄住金 ベトナムにおける薄板合弁会社の営業運転開始について

新日鐵住金株式会社 2013年10月15日 12時00分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役会長兼CEO:宗岡 正二)と中國鋼鐵股份有限公司(China Steel Corporation 会長:鄒若齊(Jo-Chi Tsou) 本社:台湾/高雄)は、2008年8月、冷延鋼板・溶融亜鉛めっき鋼板・電磁鋼板等の薄板製品の製造・販売合弁会社「China Steel Sumikin Vietnam Joint Stock Company (以下、CSVC)」社の設立で合意し、工場の建設・立ち上げを進めてまいりましたが、本年11月にCSVC社が営業運転を開始することとなりました。

それに先立ち、CSVC社は10月14日に現地工場サイトにおいて、ベトナム政府資源・環境省副大臣、ベトナム政府工商省副局長、バリアブンタウ省人民委員会委員長、共産党バリアブンタウ副支部長等、政府高官及び日本総領事をはじめ、ベトナム、台湾、日本等から約700名を招いてオープニングセレモニーを挙行いたしました。

本工場は、投資額が約US$1,150百万であり、自動車用途を含む薄鋼板を製造する拠点となります。

アセアン地域は当社の中期経営計画の大きな柱である「グローバル戦略」を推進していく上での重要拠点と位置づけられており、その中心部に位置するベトナムは、今後もさらなる経済成長が期待される将来有望なマーケットです。当社及び中国鋼鉄社は、CSVC社を通じ、ASEAN地域における薄板需要に対して迅速・確実に対応してまいります。


○ CSVC社の概要

・正式名 :China Steel Sumikin Vietnam Joint Stock Company
・設 立 :2009年6月
・所在地 :ベトナム社会主義共和国 バリアブンタウ省 ミーサンA2工業区内(ホーチミン市より南西約65km)
・会 長 :Wong, Chao-Tung (当社より副社長として金子亨を派遣)
・事業内容:酸洗鋼板、冷延鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板、電磁鋼板の製造・販売
・資本金 :US$574百万
・出資比率:当社30%、中國鋼鐵51%、住友商事5%、日鉄住金物産5%、その他9%
・主要設備:酸洗・冷間圧延ライン(PLTCM)、連続式焼鈍ライン(CAL)、溶融亜鉛めっきライン(CGL)、電磁鋼板製造ライン(ACL)
・生産能力:120万トン/年
・投資額 :約US$1,150百万
・営業運転開始:2013年11月
・従業員 :約800名 (最終予定: 約900名)


(お問い合わせ先)
総務部広報センター TEL:03-6867-2135, 2146, 2147, 2977

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事