logo

台北医学大学、「SAS(R) Visual Analytics」を採用


米国ノースカロライナ州キャリー発
ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、台湾における最大の医療機関のひとつである台北医学大学(以下 TMU)が、患者に提供する医療の品質の向上ならびに病院の医療サービスの効率化の実現に向け、「SAS(R) Visual Analytics」を採用したことを発表しました。SASは、TMUの医療チームが質の高い医療をより適切な形で提供するための取り組みを支えています。

外傷外科医であり、TMUのCenter Management and Development理事長でもある陳瑞傑(Ray-Jade Chen)氏は、「病院が黒字を維持するためには、効率を最大化した運営が求められると同時に、常に高品質の医療を患者に提供することも求められます。これらの目標達成のため、当校ではSASのハイパフォーマンスなビジュアル・データ探索ソフトウェアであるSAS Visual Analyticsを活用し、当校が持つ3つの病院すべてにわたって運用パフォーマンスをリアルタイムで分析、監視しています」と述べています。

3つのITシステムをひとつのダッシュボードからコントロール
SASは、3つの病院にある独立した各システムについて、サービス、財務、品質、および機器の稼働状況を対象とした包括的なパフォーマンス実績の統計を月次で提供します。SASにより、病院、部門、および個々の医師レベルのパフォーマンスが分析され、上級管理者はひとつのダッシュボードから3つの病院の患者データと検査結果を監視できます。多忙な病院経営陣は、このような多元的なレポートを通じ、レポートの精度に関する不安を抱くことなく、病院運営の事業戦略を立案するために必要とされる綿密な情報を簡潔にまとめた形で得ることができます。

さらに、病院経営陣はこれらのレポートから収益と経費との相関関係を把握し、わずか数分のうちにデータの変更やアップデートを行うことができます。このような情報は早期の警告システムとしても機能し、従来はデータの中に隠れていた、あるいは把握が困難であった問題点が明らかになるため、最適な対策の決定や予防策の導入が可能です。

SAS Visual Analyticsは、統計解析の専門的な知識がなくても扱うことができるEasy Analytics製品です。ユーザーは、パターンを突き止めさらなる分析の機会を特定するとともに、WebレポートやiPad(R)、Androidタブレットを通じ、得られた結果をビジュアルに表示できます。また、大量のデータを素早くメモリ上に読み込み、高速な処理によりデータ・ビジュアライゼーション(視覚化)を実行することで、サンプルの抽出ではなく、データ全体の検証が可能となります。数十億行ものデータの相関関係もわずか数分、数秒で実行し、得られた結果については、チャートやグラフ、アニメーションといった分かりやすい形で表示できます。これにより、視覚化しなければ把握が困難であったデータ内のパターンや傾向、関係性を、速やかに特定することが可能となります。

<台北医学大学について>
台北医学大学(TMU)は台湾最大の医療機関のひとつであり、医学大学と共に台北医学大学附設医院、萬芳医院、および双和医院の3つの病院を傘下に置いています。これら3つの病院を合わせた規模は3,000床に達し、年間の売上高は150億台湾ドル(4億9,950万米ドル)を超えています。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の65,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約240名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2013年10月1日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。