logo

青森県八戸市桔梗野工業団地内に太陽光発電所「DREAM Solar

大和ハウス工業株式会社 2013年10月11日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/10/11

大和エネルギー株式会社
代表取締役社長 松嶋秀和
大阪市北区梅田3丁目3番5号

自社初の東北エリアのメガソーラー
青森県八戸市桔梗野工業団地内に太陽光発電所
「DREAM Solar(ドリームソーラー) 八戸桔梗野」を運転開始します

 大和ハウス工業株式会社のグループ会社である大和エネルギー株式会社(本社:大阪市、社長:松嶋秀和、以下「大和エネルギー」)は、2013年9月30日より、青森県八戸市桔梗野工業団地内(36,437.95m2)に総出力1.5MW(メガワット)の太陽光発電所を稼動します。発電した電力を東北電力に全量売電します。
 今回、青森県八戸市桔梗野工業団地内の太陽光発電所を「DREAM Solar 八戸桔梗野」とし、今後大和ハウスグループとして取組む太陽光発電所の名称について「DREAM」といたします。
 「DREAM」には大和ハウスグループにとって、2つの意味が込められています。
 一つ目は創業者の「夢」である「風・太陽・水の企業化」を表現しています。
 二つ目は当社グループの再生可能エネルギー事業を表すキーワードの各頭文字をとっています。

  「DREAM」
  D・・・Daiwa House group
  R・・・Renewable(再生可能)
  E・・・Energy(エネルギー)
  A・・・Asset(資産)
  M・・・Management(管理)

 大和エネルギーは、大和ハウスグループの環境エネルギー事業領域の1社であり、再生可能エネルギー発電事業を始め、ESCO事業※1を軸にした設備の省エネルギー改修等を実施しています。
 現在、大和エネルギーでは、国内で9ヶ所(11.9MW)の太陽光発電所を運転中であり、2014年3月末までに、国内で21ヶ所約38MWの太陽光発電所の運転開始を目指しております。
 今後も大和ハウスグループでは、「風」「太陽」「水」の再生エネルギー資源の有効活用をテーマに自社未利用地の活用をはじめ、自治体や各企業が保有する未利用地なども活用した再生可能エネルギー事業について、創業以来培ってきた技術力を活かし、2015年度までに計100MWの再生可能エネルギーによる発電事業に取り組みます。
※1 省エネに関する包括的なサービスを提供し、お客さまの利益と地球環境の保全に貢献するビジネス。


●(仮称)八戸桔梗野太陽光発電所の概要
名  称  DREAM Solar 八戸桔梗野
所 在 地  八戸市桔梗野工業団地2丁目1-6他
太陽光発電システム設置容量  1.5MW
敷地面積    36,437.95m2
着  工  2013年3月21日
竣  工  2013年9月30日
年間予定発電電力量(合計)  約197万kWh/年(約416世帯分※2の電力量に相当)
電力固定買取期間  20年
総投資額  約6億円
※2経済産業省資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」掲載の数値(家庭の一世帯あたりの全消費電力量を4,734kWh/年とした場合)から算出。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。