logo

◎英シングルトン、環境がウイスキーの味に影響と発表

The Singleton of Dufftown 2013年10月09日 20時16分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎英シングルトン、環境がウイスキーの味に影響と発表

AsiaNet 54562
共同JBN 1179 (2013.10.9)

【ロンドン2013年10月9日PRN=共同JBN】

*環境が味とフレーバーに影響を与えることが調査で判明

人の感覚とウイスキーの味覚との関係を探った世界初の科学研究によって、環境を変えることによってウイスキーの楽しみは20%近くも向上できることが分かった。この研究は人が家庭でウイスキーを楽しむ時や今後、パブやバー、レストランを設計する際に大きな意味を持つ。

 (Photo: リンク

 (Photo: リンク

 (Photo: リンク

この研究をリードしたのは、オックスフォード大学実験心理学部で異なる感覚に関する研究の長を努めるチャールズ・スペンス教授。スペンス教授は感覚アーキテクトのCondiment JunkieおよびSingleton Single Malt Scotch Whiskyの協力を得て、特別な内装を施されたロンドンのバーで参加者を対象に何回かの多感覚テストを行った。その後、研究室でもテストは行われ、それら両方の結果を通じて、シングルトン・シングルモルト・スコッチウイスキーを異なる環境で味わった参加者はウイスキーの香り、味、フレーバーに関して大きく異なる評価をしていたことが判明した。

この研究によって、将来ウイスキーのような複雑な飲料の楽しみをさらに強化するために特別な多感覚環境を作り上げることが可能なことが分かった。照明を変えたり、特別な音響をつけたり、または部屋全体に香りをつけてウイスキーを楽しむ環境を変えたいと思う人は、そのすべてを行ってウイスキー経験を変えることが可能なわけだ。

チャールズ・スペンス教授は「われわれは研究室およびより現実の状態に近いThe Singleton Sensoriumで実験を行った。Singleton Sensoriumではシングルトン・シングルモルト・スコッチウイスキーをそれぞれ雰囲気が大きく異なる3つの部屋で飲んでもらった。芝生があり自然の音が聞こえる緑の部屋、レッドフルーツが置かれ鐘の音が聞こえるフルーティな部屋、まきが燃えてはじけ、木の感じがする板張りの部屋である。両方の調査結果で分かったことは、豊かな多感覚環境があれば飲む人の経験を強化することが本当に可能だということだ。この種の研究は、バーやレストランまたは自宅におけるウイスキー体験を強化しようとする人すべてに対して大きな意味を持つ。著名なシェフたちは以前から、これらすべての感覚を動員すれば飲酒経験を強化できることを知っていた」と述べた。

今回の調査結果はBio Med発行のピア・レビュー・ジャーナル「Flavour」に「ベラスコおよびその他著:ウイスキー飲酒経験に対する多感覚環境の影響の評価」として発表されている。同研究は10月9日(水)から以下のサイトで閲覧できる。
リンク

(編集者注意)
▽The Singleton(商標)of Dufftownについて
The Singleton(商標)は1896年から、上質のシングルモルト・ウイスキーを製造してきた英国スコットランド・スペイサイド地区のダフタウン蒸留所で蒸留され、その製造工程のすべてにおいて特別な注意を払って作られた至高の味である。発酵に長い時間をかけ、ゆっくりとした蒸留によって最高の滑らかさと深みのあるフレーバーを作りだし、多くの人に世界最高の味をもつシングルモルト・ウイスキーと認められている。こうして作られたウイスキーは米国および欧州産のオーク材を合わせた樽の中で熟成され、極上のフレーバー、完璧なバランスを確かなものにしている。「Singleton」の文字および「Fish and Gate」の意匠はディアジオ(Diageo)社が所有する商標である。@singletonwhisky(リンク

▽ディアジオ(Diageo)について
ディアジオは世界を代表する高級飲料企業で蒸留酒、ビール、ワインの各分野にわたって多くの有名アルコール飲料ブランドを持っている。これらのブランドの中にはジョニー・ウォーカー、クラウンローヤル、J&B、ウィンザー、ブキャナン、およびブッシュミルズなどのウイスキー、スミノフ、シロック、およびケテルワンなどのウオツカ、ベイリーズ、キャプテン、モーガン、タンカレー、ギネスなどがある。

ディアジオはその製品を世界の180カ国以上で販売しているグローバルカンパニーである。同社はニューヨーク証券取引所(NYSE:銘柄コードDEO)、 ロンドン証券取引所(LSE:同DGE)に上場している。ディアジオおよびその社員とパフォーマンスに関する詳しい情報はDiageo.comを参照。ベストプラクティス・ツール、情報、イニシアチブの共有を通じて責任ある飲酒を勧めるディアジオのグローバルリソースはDRINKiQ.comを参照。

▽Condiment Junkieについて
リンク

▽チャールズ・スペンス教授について
リンク

ソース:The Singleton of Dufftown

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。