logo

ウインドリバー、「モノのインターネット(IoT:Internet of Things)」のための最新ソフトウェアプラットフォームを発表

ニュースハイライト
・Wind River Intelligent Device Platformは、ゲートウェイやハブ向けの総合的なソフトウェア開発環境です。
・最新版にはセキュリティ、ネットワーク接続用プロトコル、ゲートウェイソフトウェアの新機能や強化機能が搭載されています。
・ウインドリバーは引き続き、企業がIoTのもたらす新たなビジネスチャンスを活用するための支援を強化していきます。


2013年10月8日、カリフォルニア州アラメダ発 - ネットワーク対応インテリジェント システム向け組込みソフトウェアの世界的なリーディングカンパニー、ウインドリバーリンクは本日、クラウドと通信を行うM2Mアプリケーションやデバイスの構築に使用される、総合的なソフトウェア開発環境「Wind River Intelligent Device Platform」リンクの最新版を発表しました。同プラットフォームは、IoT用ゲートウェイのセキュリティ対策、管理、接続を行うためのすぐに使えるコンポネントを提供します。


Intelligent Device Platformは、IoTゲートウェイの開発、インテグレーション、デプロイを簡素化する、拡張性と持続可能性を備えたセキュアなソリューションです。標準規格に準拠し、完全にテスト済みである、市場をリードするウインドリバーのOSを基盤にしており、ウインドリバー製開発ツールを搭載しています。デバイスセキュリティ、スマートコネクティビティ、豊富なネットワークオプション、デバイス管理に対応したプラットフォームです。


ウインドリバーのインテリジェントシステムグループ担当ジェネラル・マネージャー、サントーシュ・ナイールは次のように述べています。「IoTを最大限に活用するには、新規および既存のデバイスを運用効率の高いエコシステムに統合することが必要で、拡張性を持たせ、コストを最小限に抑えるには、ゲートウェイ経由で接続するのが最も現実的な方法です。企業は既存の投資を無駄にせずに、魅力的なアプリケーションの開発に役立つ統合ソリューションを求めています。産業、医療、輸送システムをはじめ、さまざまな市場分野で目にするこのようなニーズの高まりに対処する、柔軟なプラットフォームを提供できることを嬉しく思います」


Intelligent Device Platform最新版の主な特長は、以下のとおりです。


・ゲートウェイセキュリティ:通信チャネル、データ、エンドデバイスを保護するセキュリティ機能を提供

・アプリケーション対応:Lua、Java、OSGiアプリケーション環境の提供により、リソースに制約のあるデバイスとフル機能を備えたデバイスの両方で、移植性のあるスケーラブルで再利用可能なアプリケーション開発を実現

・デバイスコネクティビティ:データ転送用にIoTプロトコルのMQTTを採用し、Wi-Fi、Bluetooth、ZigBee、およびIoTデバイスで広く使用される短距離無線プロトコルをネイティブでサポート

・リモートデバイス管理:TR-069、OMA DMなど、定評のある管理プロトコルをサポート


インテル®のインテリジェント・ソリューションズ部門ジェネラル・マネージャー、クマール・バラスブラマニアン氏は次のように述べています。「ゲートウェイのような新しいテクノロジを、既存のレガシーシステムの上に階層化することで、企業はインフラ投資を最大化しながら、次世代の設計イノベーションの推進に必要なインテリジェンスを得ることができます。Wind River Intelligent Device Platformのようなテクノロジ製品は、IoTがもたらす新たなビジネスチャンスを最大限に活用するうえで欠かせない、エンド・ツー・エンドのアプローチにおいて重要な役割を果たします」


Wind River Intelligent Device Platformは、インテルアーキテクチャーに最適化され、事前に検証済みのハードウェア・ソフトウェアソリューションパッケージである、インテルベースのインテリジェントゲートウェイソリューションズリンクの一部を構成しています。このパッケージは、レガシーシステムとの接続を行い、デバイスとクラウドに共通インタフェースを提供するゲートウェイの開発を目的にしています。同ソリューション初回セットは2014年第1四半期に提供開始される予定です。


Wind River Intelligent Device Platform 2.0の詳細については、こちらをご覧ください。リンク


IoTがもたらすビジネスチャンスと課題にウインドリバーがどのように対応しているかについては、こちらでご覧いただけます。 リンク


■ウインドリバーについて
ウインドリバーはインテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、ネットワーク対応インテリジェント システム向け組込みソフトウェアの世界的なリーディングカンパニーです。ウインドリバーは、1981年からエンベデッドデバイス向けソフトウェアを提供するパイオニアであり、そのテクノロジは10億を超える製品に使用されています。ウインドリバーは、業界でも屈指の包括的な組込みソフトウェアポートフォリオを有しており、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスおよびサポートを提供し、さらにこれらは広範なパートナーエコシステムに支えられています。テクノロジと専門性を提供することで、安全、セキュア、そして信頼性に優れたインテリジェント システムの革新とデプロイを支援します。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事