logo

◎Susan Jacques氏がGIA理事長兼CEOに就任へ

米国宝石学会 2013年10月08日 15時55分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Susan Jacques氏がGIA理事長兼CEOに就任へ

AsiaNet 54549
共同 JBN 1169 (2013.10. 8)

【カールスバッド(米カリフォルニア州)2013年10月8日PRN=共同JBN】米国宝石学会(GIA、Gemological Institute of America)理事会は8日、スーザン・M・ジャック(Susan M. Jacques)氏を理事長兼最高経営責任者(CEO)とする人事を発表した。ジャック氏は現在、米ネブラスカ州オマハのBorsheims Fine Jewelry and Giftsの社長兼最高経営責任者(CEO)でGIAの理事会議長を務めている。新しい役職への就任は2014年1月1日の予定。氏は理事会の要請で2013年6月から暫定理事長兼CEOを務めてきた。

(Photo: リンク

理事会はまた、2008年から理事会メンバーだったジョン・A・グリーン(John A. Green)氏を同日付でジャック氏の後任の理事会議長に昇進させる人事も決定した。グリーン氏は同族経営の宝石業Lux Bond & Green社の最高経営責任者(CEO)。同社は創立1898年で米コネチカット州とマサチューセッツ州に8店舗を所有している。

グリーン氏は「理事会はこの重要な役職にスーザン・ジャックを任命することを喜びとしている。世界の宝石と宝飾産業に対する彼女の歴然とした情熱、ビジネスにおける印象深い成功、宝石専門家としての経験、それに学会が果たすべき公共的な貢献への責任遂行が今日の理事会決定に導かれた。彼女は現在も将来に向かってもGIAを指揮するのに完全にふさわしい人物である」と語った。

ジャック氏は「全世界で2000人のGIAプロフェッショナルたちと一緒に仕事をする、というこれほど大きい機会を与えてもらい、誇らしく、同時に恐縮している。われわれは一緒になって、宝石・宝飾業界に対する一般からの信頼を守るために努力を続けたい。経営チームと一緒に、特にラボ・調査担当上級副社長のトム・モーゼス(Tom Moses)とともに、GIA利害関係者全員と緊密な業務遂行を期待する。そこに学会の成功と強さの土台があるからだ。私の職業人生の大きな部分を占めるGIAに戻ってきたことは幸運であり、私がその一部として関わることができた業界に恩返しができる機会を得られてうれしく思う」と述べた。

1989年にBorsheimsを買収したBerkshire Hathaway, Inc.の会長ウォーレン・バフェット氏は「ジャック氏に関してはこれ以上の幸せはなく、これ以上の誇りに思うこともない。彼女が長く務めたBorsheimsを退職したとき、大きな悲しみをもって辞表を受け取った。GIAでの役職に就くことを受け入れたのは、宝飾業界に恩返しができる機会を得ることができるからだ、と私は理解している。彼女は宝石・宝飾業界で新しい、わくわくする役割にBorsheimsで続けてきたと同じスタイルのプロフェッショナリズムトとコラボレーションを持ち込むことになる、と確信している」と述べた。

ジャック氏はGIAとながく確固とした関係をうち立てている。1980年、宝石学修了者(GG)の認定を受け、1996年GIA理事会のメンバーに選ばれ、2008年に理事会議長に選出された。理事長兼CEOとして今後も理事会のメンバーであり続ける。

理事会はエグゼクティブ・ヘッドハンティング企業、DHRが全世界を対象に人材を捜した結果としてジャック氏を選抜した。グリーン理事会長は選抜プロセスについて「理事会は多数の候補者が関心を示してくれたことを評価する。候補者の資質が高かったことで選抜プロセスをやりがいのある、最終的には成功した選抜に結びついた」と述べた。

ジャック氏は1982年にBorsheimsに入社。1994年、社長兼CEOに就任した。米国宝石学会認定宝石学修了者(GIA GG)の資格のほか、英国Gemmological Associationのフェローでもある。2010年、Women's Jewelry AssociationからLifetime Achievement Awardを受賞、1997年に全米宝飾殿堂入りを果たし、2013年にオマハのビジネスの殿堂に入った。また、Jewelers of America Ethical Initiatives委員会のメンバーであり、Friends of the Diamond Development Initiativeの名誉議長も務めている。Jewelers of America、Jewelers Vigilance Committee、Jewelers for Childrenなどの団体の理事会の現・元メンバーである。Creighton Universityの評議員会のメンバーで、Ethical Allianceの理事、World Presidents' Organizationのメンバーでもある。

メディア向け問い合わせ:
Stephen Morisseau
stephen.morisseau@gia.edu
または+1-760-603-4411

▽GIAについて
独立した非営利組織である米国宝石学会(GIA、Gemological Institute of America)は1931年に創立され、宝石学の世界一の権威として認められている。GIAは1950年代初めに有名なカラー、カット、クラリティ、カラット重量の4Cを生み出し、1953年には、世界で実質的にあらゆるプロの宝石商によって認められている国際ダイヤモンドグレーディングシステム(商標)をつくり出した。

研究、教育、宝石学的鑑定鑑別サービス、装置開発を通じて、GIAは最高水準の誠実性、学術性、科学性、専門性を維持することによって宝石と宝飾品に対する公共の信頼を得ることに献身している。www.gia.edu

ソース:Gemological Institute of America

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事