logo

◎DataCashが同社GateKeeper:2.0にマスターカードのGlobal Network Insightsを統合

DataCash 2013年10月08日 14時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎DataCashが同社GateKeeper:2.0にマスターカードのGlobal Network Insightsを統合

AsiaNet 54538
共同JBN 1167 (2013.10.8)

【ロンドン2013年10月8日PRN=共同JBN】
不正対応コストの削減し、正規注文の承認を極大化させる可能性で小売業者、銀行、技術パートナー企業に利益。

マスターカード傘下の世界的決済サービス会社DataCash(リンク)は8日、業界の先端を行く不正管理ソリューション、GateKeeper:2.0(リンク)に、マスターカードのExpert Monitoring System Fraud Scoring for Merchants(リンク)と、マスターカードのLost-Stolen Account List API を組み込んだと発表した。

DataCashのGateKeeper:2.0は、世界中で紛失、盗難にあった3000万枚以上ものカードを相互参照して、電子商業取引業者が不正を発見するのを支援するマスターカードのLost-Stolen Account List APIにリンクさせた、初の不正管理ソリューション。

またマスターカードのExpert Monitoring System Fraud Scoring for Merchantsは、小売業者が不正を見抜く力を高めるもので、このツールを使うことによってマスターカードは小売業者に対して、カードの使用行動により広範囲な洞察を加えることができる非常に正確な不正予想を数値を提供する。

DataCashのGateKeeper:2.0が強化されたことで、マスターカードのネットワークの強靭さや、データに対する洞察力が高まり、小売業者はこれまで以上に正確に不正取引を探知できるとともに、正当な取引を拒否してしまう可能性を減じられることになる。

マスターカード向けプロセシング製品グループのヨハン・ガーバー代表は「これらのソリューションは、商業取引業者がビジネスを展開、成長させるのを支援するものだ。DataCashのGateKeeper:2.0に統合させることで、商業取引業者が不正使用対策を管理、実施する上で、最も強力な単一ソリューション・プラットフォームになろう」と述べた。

DataCashのGateKeeper:2.0は重層的な先端技術と確信技術を実用化し、ピンポイントの正確さで不正とリスクを探知できるようにしたグローバル・ソリューションである(リンク)。現在、世界で180カ国、3万以上の小売業者によって、月間3000万枚以上のカードが照会されている。

DataCashのアジャイ・バラ社長は「DataCashのGateKeeper:2.0は、小売業者向けの不正・リスク管理を新たな段階に引き上げるためにマスターカードと開発してきたもので、これによって小売業者は、新たな場所にある市場、産業、デジタル決済経路にビジネスを成功裏に拡大することが可能となった。現在の不正使用状況は急速に変化している。こうした展開によって、この決済が不正なものか、正当なものなのかを正確に探知するGateKeeper:2.0がその力を発揮し、商業取引業者が自社の評判や売上高を危険にされることなくビジネスを発展させる潜在力を確実に持てるようにするだろう」と述べた。

DataCashがウェブ上で開催するセミナー(ウェビナー= webinar)「ビジネス拡大成功のための不正防止の秘訣(Fraud Prevention Secrets to Successful Expansion)」(リンク)が10月23日(木)に開かれる。このウェビナーで商業取引業者は、ビジネス拡大計画を地理的な新市場や、デジタル市場で成功させるより強力な機会を取り入れる実際的な戦略を手にできるだろう。

▽マスターカードについて
マスターカード(リンク)(NYSE:MA)リンクは、世界の決済業界における技術企業。世界でもっとも急速に拡大する決済処理ネットワークを運営し、世界210以上の国・地域の消費者と金融機関、商業取引業者、政府、ビジネスを結びつけている。マスターカードのプロダクト、ソリューションはショッピングや旅行、事業経営、ファイナンスの管理などをすべての利用者にとってより容易かつ安全かつ効率的にしている。
ツイッターはTwitter @MasterCardNews(リンク)。
Cashless Pioneers Blog(リンク)では意見交換を行なっており、Engagement Bureau(リンク)の最新ニュースの購読は(リンク)を参照のこと。

▽DataCashについて
1996年に設立されたDataCash Group(マスターカード社の1部門)は、世界的な複数経路の決済処理サービスと最新の不正防止・リスク管理ソリューションを取引業者や銀行に提供している。世界で最も有名なゲーム、旅行、小売り、金融各社のグローバルパートナーとして、DataCashは高度な頭脳と完璧なソリューションを併せ用いて、顧客が決済処理にかかわる煩雑さや経費を克服するのを助けている。DataCashの最新技術によって顧客は、177以上の通貨、45種類以上のeコマースやモバイルコマース、クレジットカードでの取引で、支払いを受けて決済処理できる。ツールとしての安全性と信頼性は、困難で拡大する事業ニーズに対応している。DataCashの顧客はブランドと地位を維持しつつ、エンドユーザーの使い勝手をよくし、新しい世界の市場でチャンスを生かすことができる。

ソース:DataCash

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事