logo

◎Fi Indiaが医用栄養市場の画期的成長を予測

UBM India 2013年10月08日 12時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Fi Indiaが医用栄養市場の画期的成長を予測

AsiaNet 54528
共同JBN1165 (2013.10.8)

【ムンバイ(インド)2013年10月7日PRN=共同JBN】インドの医用栄養(メディカルニュートリション)市場は、今後5年で大きく成長する見通しである。医用栄養の世界市場は2012年に推計272億ドル、2013年には288億ドルになると予測されており、2018年までにはさらに401億ドルに達すると推定されているので、2008-2018年の年平均成長率は5.8%を示すことになる。インドの医用食品市場の収益は2017年に約42億ドルに達する見込みである。加齢人口の増加は病気の発症率と医用栄養製品を必要とする症例の伸びと合わせて、医用栄養製品の市場の伸びにつながっている。同市場を促している別の要因は、特にアジア、中国、インドなど最も人口の多いアジアで、母体への不十分な栄養供給が原因となる早産である。医用栄養製品は、従前の医用栄養製品と比べてこれまでにない需要があり、非常に少ないプレーヤーが独占する新しい市場への門戸が開かれる。しかし、そのような業界はなお出現段階であり、将来成長する十分な機会がある。そのため規制の透明性、ニーズに合わせた製品開発、手ごろな価格、流通戦略に対する強いニーズがある。

 (Logo: リンク

Fi Indiaは製薬・F&B産業で働く50人の老練業界専門家が関係した同社のこれまでの研究と価値ある知見に基づいて、医用食品に関する1日限りの戦略的セミナーを企画した。これは医用食品に関する規制、革新的R&Dおよび成分、マーケティング戦略、その他重要な側面を一括カバーするインド初のセミナーである。

▽パワーパックとなる1日セミナーは以下の問題を重点的に取り上げる
 *医療食品に関する科学的な歴史と利点について価値ある知見
 *高齢者、発展途上、その他特別の人口集団(リンク)向け医用食品の最近の製品開発
 *個人および医用栄養の可能性を高める栄養ゲノミックスとその役割
 *医療食品に必要な規制上の枠組み
 *医用食品に対する最新の革新的デリバリーモード
 *医用食品の成功する市場ポジショニングに対する最新の消費者動向と戦略

このユニークな戦略的1日セミナーは、製薬、栄養補助食品、F&B業界から60人余りの副社長、部長、規制責任者、R&D、生産イノベーション、生産開発部門プロフェッショナルがまとめて参集する。詳しい情報はリンクを参照。

▽UBM Indiaについて
UBM Indiaは世界第2位の独立系展示主催者であるUBM plcの子会社。UBM Indiaはインド最大の貿易博覧会主催者であり、同国のさまざまな所在地で26の展示会に責任を持っている。同社はまた、インド全国で会議プログラムを組織し、業界紙誌の出版に関与している。UBM Indiaに関する詳しい情報はリンクを参照。

▽Fi Indiaについて
2006年に発足したFi Indiaは、インドの加工食品セクターの推進役を担っていることで知られている。また業界内の唯一の会合場所としての基本的役割も果たしている。地域と世界の食品専門家はこの機会を利用して、業界の発展と新しいビジネスの展望を発見し、新製品の開発や業界内の競争に先手を打ちながら成長を続ける世界の食品市場での優位性の確保を図っている。

業界を1つにまとめながら、Fi Indiaは数千の業者の製品を一堂に展示して効率的で効果的なビジネス展開を図っている。

詳しい情報は以下を参照。
リンク

▽問い合わせ先
Suvidha Shetty,
conferences-india@ubm.com,
+91-(0)22-61727001

ソース:UBM India

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事