logo

カカオジャパン、見ながら話せる次世代無料通話アプリ「Calll」サービス開始

株式会社カカオジャパン 2013年10月07日 14時05分
From PR TIMES

写真や地図、Webサイトをおしゃべりしながらシェアできる

~画面タッチで指先が伝わる、コミュニケーションをより楽しく、より便利に!~



株式会社カカオジャパン(本社:東京都目黒区、代表取締役:朴 且鎮、以下 カカオジャパン)は本日より、写真、地図、Webサイトを会話しながらシェアできる次世代無料通話アプリ「Calll(コール・リンク)」のサービスを開始いたしました。(iOS・Andorid対応、言語:日本語・英語)

「Calll」は、スマートフォンでの通話をもっと楽しく、もっと便利にすることをコンセプトとしたアプリです。通話中に写真や地図、Webサイトなどの情報をシェアし、一緒に見ながら話すことができます。
また、「Calll」では、通話中にスマートフォンの画面をタッチすると、相手の画面にもリアルタイムでタッチした部分が表示され、そのままタッチした指を動かすと指の軌跡まで相手の画面に現れます。指先から伝わるタッチ共有機能を利用することで、離れている状況でもコミュニケーションがより身近に感じられる上、これまでの電話では伝えにくかった「ほらここ!」がより伝わります。

【Calllサービスの主な特徴】
■ 写真やWebサイトなど、通話中に伝えたい情報をそのままシェアすることが可能
- 面白いWebサイトやお気に入りの写真、待ち合わせ場所の地図などを通話中に相手にシェアし、一緒に見ることができます。
- シェアされた情報は、通話履歴として自動で保存されるため、通話後でも簡単に振り返ることができます。

■ 画面タッチで簡単に伝える
- 通話中にスマートフォン画面をタッチすると、触れた部分が相手の画面上に小さなサークルで表示されます。
- シェアした地図上で待ち合わせ場所をタッチしながら説明したり、思い出の写真を一緒に見ながらリアルタイムタッチで思い出話を楽しめます。

■ 簡単なメッセージを添えて気配り発信、気づきやすい着信
- 発信のときに、「ちょっといい?」、「聞きたいことがあるんだけど」などのメッセージを添えることができ、簡単に用件を伝えることができます。
- 既存無料通話アプリとは違い、鳴り続けて着信をお知らせするため、大事な連絡を逃しません。

カオオジャパンは、スマートフォン時代の新たなコミュニケーションに対する課題の解決を目指して、世界に1億ユーザーを持つ「カカオトーク」、スタンプラリーキャンペーンアプリ「Stac」、グループボード共有アプリ「petaco」、地域匿名コミュニティサービス「まちトーク」など様々なサービスを運営しています。カカオジャパンは、スマートフォンでのコミュニケーションをより便利に楽しくできるよう、今後も事業を展開してまいります。

※「Calll」公式ホームページ:リンク
※「カカオトーク」公式ブログの案内:リンク 

-----------------------------------------------------------------------------------------------
●株式会社カカオジャパン(英語名:KAKAO JAPAN Corporation)
リンク 
設立:2011年7月
住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー2F
主な事業内容: 
  1)インターネットサービス 
  2)コンピュータプログラム、マルチメディアプログラム開発及び販売
  3)コンテンツ制作 及び開発
  4)電子商取引関連サービス及び流通

-----------------------------------------------------------------------------------------------
●本件に関する問い合わせ
株式会社カカオジャパン 鄭(ジョン)
メールアドレス:japan_press@kakao.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。