logo

タッチパネル式のテレビドアホン「ROCOタッチ7(ロコタッチセブン)」を新発売!

アイホン株式会社 2013年10月04日 19時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年10月4日

アイホン株式会社

完全独立二世帯住宅に対応 見やすく操作もしやすい7型ワイド画面を採用 タッチパネル式のテレビドアホン「ROCOタッチ7(ロコタッチセブン)」を新発売!

アイホン株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役社長:市川周作、以下アイホン)は、完全独立二世帯住宅※1に対応した、タッチパネル式7型ワイド画面を採用したテレビドアホン「ROCOタッチ7(ロコタッチセブン)」を発売します。
ROCOタッチ7は「安心・ユニバーサル・スタイリッシュ・柔軟対応」をコンセプトに仕様面・デザイン面を一新した新型テレビドアホンで、モニター付親機はタッチパネル式の7型ワイド画面の採用により訪問者の顔を大きく、鮮明に映し出すとともに、自動録画機能により不審者もしっかりと録画。さらに玄関先を見渡せるズーム&ワイド機能も搭載しており、玄関先の画像をしっかりと確認することができます。
モニター付ワイヤレス子機はDECT準拠方式※2を新たに採用し、約1秒で1コマの映像をスムーズに映し出すことが可能。もちろんズーム&ワイド機能を搭載しており、さらに上下左右にズーム映像を移動させることも可能です。
また、アイホン独自の人物検知方式を採用したセンサーライトカメラを連動することが可能。本センサーライトカメラは、24時間365日の間、常にカメラが動作しているためセンサーが検知する約2秒前の画像から録画できるとともに、赤外線による検知に加え、新たに採用した撮影範囲内の動きの変化を検知する人物検知は、人以外のものに反応しにくい独自の画像処理技術により誤検知を低減。さらに昨今のさまざまな二世帯住宅ニーズに柔軟に対応できる拡張性を備えており、各世帯が独立したシステムのため、世帯別に訪問者を録画するなどプライバシー確保や、不在時の来客を他世帯へ転送したりすることも可能。また、内線連絡ができるため世帯間のコミュニケーションもスムーズに取ることができます。
デザイン面についても、モニター付親機にタッチパネル式の7型ワイド画面を採用。ボタンを一つとしたシンプルなデザインとし、モニター付ワイヤレス子機についても、手になじむ大きさやベーシックなボタン配置を考慮することで、どなたでも操作がしやすいようにしました。また、玄関子機やセンサーライトカメラについても戸建住宅の外観にマッチするスタイリッシュなデザインとなっています。
多機能で、住まう人のコミュニケーションが取れる防犯機器として、アイホンが提供する皆様のお役に立つ新しいテレビドアホンです。
※1 建物が分かれていたり、同じ建物でも玄関をはじめとした生活空間を世帯ごとに完全に分離した住宅のこと。
※2 DECT:Digital Enhanced Cordless Telecommunications
   一般社団法人電波産業会標準規格「ARIB STD-T101」 準拠した日本国内向けの通信方式。
[ 特 長 ] 
<モニター付親機>
 ・完全独立二世帯に対応しているため、不在時にある来客からの呼び出しを他世帯へ転送可能
 ・タッチパネル式7型ワイド画面の採用により、触れるだけのシンプルな操作を実現
<モニター付ワイヤレス子機>
 ・DECT準拠方式の採用で1秒1コマのスムーズな映像を再現
<カメラ付玄関子機>
 ・共同門扉を設置した二世帯住宅に、各世帯を呼び分けできるカメラ付玄関子機を用意
 ・玄関先がほぼ真横まで見渡せるズーム&ワイド機能を搭載
<センサーライトカメラ>
 ・アイホン独自の画像処理による人物検知と2つのパッシブセンサーで誤検知を低減
 ・24時間365日の間、常に、カメラが動作しているため検知する約2秒前の画像からコマ送りで録画し、録り逃しを低減
[ 発売時期 ] 2014年1月
[ 価 格 ] オープン価格
 WJ-45 テレビドアホンワイヤレスセット4・5タイプ(カメラ付玄関子機、モニター付親機、ワイヤレス子機 のセット) / WJ-4MED-T モニター付親機 / WJ-4HED-T  モニター付子機 / WJ-4WD モニター付ワイヤレス子機 / WJW-R ワイヤレス中継器 / WJ-DA カメラ付玄関子機 / WJ-DA2 二世帯用カメラ付玄関子機 / WJW-LC-T センサーライトカメラ
[ 販売計画 ] 発売後1年間で約6.5億円を予定



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事