logo

新日鉄住金 タイ溶融亜鉛めっき鋼板工場の営業運転開始

新日鐵住金株式会社 2013年10月02日 13時46分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役会長兼CEO:宗岡 正二)は、2011年6月にタイおいて、(合金化)溶融亜鉛めっき製造・販売事業会社であるNIPPON STEEL & SUMIKIN GALVANIZING (THAILAND) CO., LTD.社(以下、NSGT社)を設立し、工場の建設・立ち上げを進めてまいりましたが、この度当初計画どおり、10月1日より営業運転を開始いたしました。

NSGT社は、当社の日本国内の最新鋭設備と同等の設備を備え、自動車用外板、高張力鋼板を含む、高品質の(合金化)溶融亜鉛めっき鋼板が製造可能です。また、当社の連結子会社で冷延鋼板製造・販売会社であるThe Siam United Steel (1995) Co., Ltd.の隣接地に建設することにより、冷間圧延からの一貫生産・管理体制を構築いたしました。

タイ市場は、今後もさらなる成長が期待される、当社にとって重要なマーケットです。当社は、NSGT社を通じ、高級・高品質な鋼板に対する、タイ自動車メーカーをはじめとするお客様のニーズに的確に対応してまいります。


[NSGT社の概要]
・会社名 : NIPPON STEEL & SUMIKIN GALVANIZING (THAILAND) CO., LTD.
・設立 : 2011年6月
・工場所在地 : タイ国ラヨーン県ヘマラート・イースタン工業団地
・事業内容 : (合金化)溶融亜鉛めっき鋼板の製造・販売
・資本金 : US$118百万
・出資比率 : 新日鐵住金100%
・生産能力 : 36万トン/年
・投資額 : 約US$300百万
・社長 : 太田 昌彦
・営業運転開始 : 2013年10月
・従業員 : 約200名


(お問い合わせ先) 広報センター TEL : 03-6867-2135

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事