logo

アジアクエスト、インドネシアでEC-CUBEを展開

アジアクエスト株式会社 2013年10月01日 11時00分
From RELEASE PRESS

プレスリリース
2013年10月1日
アジアクエスト株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アジアクエスト、インドネシアでEC-CUBEを展開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アジアクエスト株式会社(本社:東京都千代田区 代表者:桃井 純、以下アジアクエスト)は、インドネシア現地法人PT.AQ Business Consulting Indonesia(インドネシア 代表者:吉次 敬、以下AQI)を通じ、株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表者:岩田 進、以下ロックオン)の提供する「EC-CUBE」を使用してインドネシアでECソリューションを展開します。

■ロックオンからAQIへの出資および、パートナーシップ締結について
 インドネシアでECソリューションを展開しているAQIと、EC-CUBEのグローバル展開を目指すロックオンの方向性が一致し、AQIはEC-CUBE初の海外インテグレートパートナーとして、EC-CUBEを使用したECサイトの展開をインドネシアで行っていきます。
パートナーシップ締結に伴い、アジアクエストの持つAQI株の一部をロックオンに譲渡し、両社の関係をより強固なものとしました。

EC-CUBEは、ECサイト構築のためのオープンソースで、EC構築のオープンソースとしては、 国産で日本国内で最大のシェアを持っています。推定利用店舗数は20000店舗を超えており、 国内NO.1の実績があります。

インドネシアは2億3千万人を超える人口を背景に堅調な経済成長が続いおり、内需拡大と中間層の所得増によって、消費市場としても最も期待される国の一つとなっています。
あらゆるインフラの整備が急がれる中、ECをはじめとしたインターネットビジネスの市場の形成も、正にいま黎明期を迎えたところです。

このような状況の中、アジアクエストの持つインドネシア市場を中心とした海外ビジネスノウハウと、ロックオンの持つ優れた製品力を組み合わせることで、事業シナジーを最大限に発揮し、成長するアジア市場において事業の拡大を目指します。

■アジアクエスト株式会社概要
会社名:アジアクエスト株式会社
本社:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-13 ダヴィンチ飯田橋ビル8F
代表者:代表取締役社長 桃井 純(ももいじゅん)
設立年月日:2012年4月11日
事業内容:システム開発、スマートフォン/タブレットアプリ開発
エンジニアアウトソーシング、インドネシア進出支援
URL:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
代表者:代表取締役社長 岩田 進(いわたすすむ)
設立年月日:2001年6月4日
事業内容:Eコマース関連ソフトウェアの企画・開発・販売
    インターネット広告関連ソフトウェアの企画・開発・販売
URL:リンク


■本件に関するお問い合せ先
アジアクエスト株式会社
担当:島田
TEL :03-6261-2701 FAX :03-6261-2702
Mail:info@asia-quest.jp



リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。