logo

地球の歩き方がユーザーによる『旅の経験値ランキング』を発表

旅先で経験している乗り物の1位はレンタカー、なかにはゾウやラクダ、軍用機も

平成25年10月1日、株式会社地球の歩き方T&E(本社:東京都新宿区)および株式会社ダイヤモンド・ビッグ社(本社:東京都中央区)は、「地球の歩き方」WEBサイト内において『乗り物/事故・事件 経験度 2013 』のアンケート調査の結果(通称:旅の経験値ランキング 2013 )を公開しました。

『旅の経験値ランキング 2013(乗り物編)』:リンク
『旅の経験値ランキング 2013(事故・事件編)』:リンク

『旅の経験値ランキング2013 』とは……
近年、日本人のライフスタイルや価値観の変化に伴って、旅のスタイルも多様化しています。
『旅の経験値ランキング 2013 』は、旅における乗り物や事故・事件を対象に、その経験度を聞き、現代の旅のスタイルを探ることを目的とした「地球の歩き方」独自のアンケート調査です。乗り物や事故・事件をそれぞれ20項目示してその経験のあるorなしを聞きながら、思い出深いエピソードを記してもらいました。

■調査期間:2013年7月16日~9月10日
■調査方式:WEBでの自由訪問のユーザーによるフォーム送信
■回答者プロフィール
・有効回答数:980名(男性 42.7% / 女性 57.3%)
・平均年齢:46.5歳(男性 52歳 / 女性 42歳)

■調査結果の概要
乗り物の経験度は予想以上に高い結果を示しました。旅先で経験した乗り物のトップ3は、①レンタカー(58.0%)②長距離バス(57.3%)③自転車やバイク(48.2%)でした。なかには、象やらくだ、軍用機を経験している兵(つわもの)もいました。乗り物への願望としては、①上級クラス旅客機(指数1.75)②豪華列車(1.31)③クルーズ客船(0.98)が上位を占めました。難易度の高い乗り物トップ3は、①ヒッチハイク(指数1.59)②軍用機(1.54)③上級クラス旅客機(0.90)という結果でした。
一方、事故・事件に遭遇した割合も予想を超えて高い値でした。次の上位4つは、経験が30%を超える結果となりました。①航空機遅延(38.0%)②預け荷物の損壊(36.9%)③食中毒や水あたり(30.8%)④乗り遅れ(30.5%)。

また、現在「地球の歩き方」では、『この冬の旅行先アンケート』を実施しています。こちらの調査結果は11月下旬に公開する予定です。ご期待ください。
『この冬の旅行先アンケート』(調査期間2013/10/1~10/30):リンク

◎お問い合わせ先
株式会社地球の歩き方T&E 経営企画管理部 中深迫(なかふかさこ)
TEL:03-5362-7800 / mail:nakafukasako-s@arukikata.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。