logo

◎インターコール、全社電話会議システム用ECC Lyncエディションを発売

インターコール・アジアパシフィック 2013年10月01日 10時32分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎インターコール、全社電話会議システム用ECC Lyncエディションを発売

AsiaNet 54419

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

インターコール、全社電話会議システム用ECC Lyncエディションを発売

東京 2013年10月1日 / PRニュースワイヤー/ --

音質とカバー範囲を改善した新しいソリューションによりMicrosoft Lyncへの投資を最適化

ウエスト・コーポレーションの子会社で世界最大の会議・コラボレーションサービスプロバイダーであるインターコールは本日、ECC Lyncエディションのリリースを開始します。ECC Lyncエディションは予約不要のホスト型電話会議ソリューションで、VoIPとPSTN(公衆交換電話網)を安全に、かつ高品質な音声により統合し、Microsoft(R) Lync(TM) のユニファイド・コミュニケーションプラットフォームを補完します。

インターコールのECC(エンタープライズ・コネクティビティ・カンファレンシング)ソリューションは、40万以上のアクセスポートをつなぐインターコールのグローバルクラウドにより、音声インフラへの投資を最大化します。ECC Lyncエディションは、ECCソリューションをLyncプラットフォームに統合することで、Microsoft(R) Lync(TM)を利用されている企業のPSTN容量を拡充し、全世界網羅を実現します。従来のVoIPに加えPSTNが利用できることで、国固有のVoIP適合規定が原因で生じる障害を取り除き、顧客企業がLyncのメリットを完全に享受することが可能となります。

IPとPSTN双方の同時接続を可能とするハイブリッドのオンプレミス会議ソリューション、ECC Lyncエディションは、PSTN音声との完全な統合、会議のコントロール、および予約機能を、エンドユーザー側のダウンロードや追加プラグインのインストール、ユーザーインタフェースの追加学習など一切なしに実現します。これによりLyncをすでに使用されている企業は、アーキテクチャへの追加投資を行うことなく多地点会議が可能となりました。

インターコール・アジアパシフィックのユニファイドコミュニケーション・シニアディレクターを務めるショーン・ウォーマルド氏は次のように述べています。

「ECC Lyncエディションを利用することで、質の高い音声と使い勝手の良いインタフェースにて、世界中を網羅する会議が可能となります。お客様のLync環境に当社のクラウドをつなげることで、ネットワークへの接続の有無に関わらずシームレスなアクセスと統合が可能になります。」

ECC Lyncエディションは会議への参加に拡張性をもたらすと同時に、ユーザーによるLyncクライアントを通じた会議の管理を実現します。ECC Lyncエディションはグローバルナンバーのセットを完備しているため、ひとつの契約で100カ国以上を網羅することができます。

マイクロソフトのシニアディレクター、ローラ・ハワード氏は次のように述べています。

「Lyncプラットフォームはリアルタイムで質の高いコミュニケーションを実現し、ユーザーの生産性向上につながる点が評価され日々お客様にご利用いただいています。インターコールの統合されたLyncサービスはマイクロソフトの認定を受けており、手頃な料金で、管理しやすい統一の環境を求めるお客様にとって、大きな付加価値を提供します。」

インターコールは、マイクロソフトのプラットフォームにおいて豊富な経験を持つアプリケーション開発業者、クラリティ・コンサルティングと提携しClarity Convergeを活用してECC Lyncエディションを開発しました。

Clarity Convergeソフトウェアは社内のTrusted Application Server上での実行が可能で、企業はインターコールのReservationless-Plus(R)電話会議により、専用の電話番号、カンファレンスコード、PINを用いて時間を選ばず電話会議を開催することができます。

インターコールについて
ウエスト・コーポレーションの子会社であるインターコールは、会議ソリューションに特化した世界最大手のサービスプロバイダーです。同社は1991年の設立以来、企業がコミュニケーションに対する縦割りアプローチから脱却し、人とアイデアの活用機会を拡大できるよう貢献してきました。インターコールでは電話通信、メッセージング、会議、コラボレーションの各ツールをひとつに統合し、ユーザー側の操作の簡素化に重点を置いています。グローバルな実績と幅広いサービスの提供能力を背景に、インターコールの柔軟性の高い、ホスト型で管理されたオンプレミスサービスは、企業のビジネスプロセスから最大限の力を引き出すのに役立ちます。

インターコールは4つのコールセンターと26の営業所で米国における存在感も大きく、これをカナダ、メキシコ、ラテンアメリカ、カリブ海地域、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、中国、インド、香港、シンガポール、日本の事業が支えます。詳しくはホームページwww.intercallapac.com.をご覧ください。


ウエストについて

ウエスト・コーポレーション(NASDAQ:WSTC)は、ハイテク技術を駆使した音声・データソリューションのリーディングプロバイダーです。お客様の重要な通信の管理およびサポートを支援すべく、幅広い通信・ネットワークを基盤としたソリューションを提供しています。ウエストのカスタマーコンタクトソリューションと会議サービスは、お客様のコスト構造を改善し、信頼できる高品質なサービスが提供できるよう設計されています。

ウエストのユニファイド・コミュニケーションズ(UC)部門はインターコール(www.intercallapac.com/)、ウエストIPコミュニケーションズ(リンク )ウエスト・ノーティフィケーションズ(リンク)で構成され、組織の従業員、顧客、パートナー、デバイスのつながり、連携、機能のあり方を変えます。UC部門はクラウドを基盤としたホスト型の管理された音声、データ、ビデオサービスのリーディングプロバイダーで、ビジネスにおいて実績を残す原動力となる他、人々の自主的な行動を促します。ウエストのUC部門は組織のビジネスプロセスとアプリケーションを完璧に統合する最高品質のコミュニケーションサービスを提供し、また業務サービスに世界クラスの優位性を与えることにより、組織のリスク管理の支援をいたします。

1986年、ネブラスカ州オマハに設立されたウエストは、フォーチュン1000掲載企業の他、通信、銀行、小売、金融、ハイテク、ヘルスケアなど多様な業種にクライアントを持ち、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中東、アジア太平洋および中南米において事業展開しています。ウエスト・コーポレーションについて詳しくは、1-800-841-9000まで電話でお問い合わせいただくか、ウェブサイトwww.west.comをご覧下さい。

クラリティ・コンサルティングについて

クラリティ・コンサルティングはソフトウェアソリューションの開発、カスタマイズ、導入を業務とし、お客様独自のビジョンの実現と実績を残すための原動力となるよう支援しています。クラリティの多才なコンサルタント陣は小売や製造業から金融機関まで幅広い顧客向けアプリケーションの開発、ビジネスインテリジェンス、レガシーインテグレーション、電子商取引ウェブサイトを専門としています。クラリティ・コンサルティングは米国イリノイ州シカゴを本拠地としています。当社の内容、人材、ソリューションについて詳しくは、ウェブサイトリンクをご覧下さい。

お問い合わせ:
曽田 愛子
電話:03-6426-5362
電子メール:aiko.soda@intercallapac.com


出所:インターコール・アジアパシフィック

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事