logo

◎UNAOCとBMWグループが官民提携関係強化で協定更新

BMWグループ 2013年10月01日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎UNAOCとBMWグループが官民提携関係強化で協定更新

AsiaNet 54415
共同JBN 1120 (2013.9.30)

【ニューヨーク、ミュンヘン2013年9月30日PRN=共同JBN】国連本部で27日開かれたAlliance of Civilizations Group of Friends閣僚級会談の中で、BMWグループ(リンク)と国連「文明の同盟」(UNAOC)(リンク)間の大きな官民提携関係が更新された。ナーセル・ビン・アブドゥルアジーズ・ナスルUNAOC上級代表とBMWグループのビル・マクアンドリューズ副社長は、潘基文事務総長、100カ国余りの閣僚、国際組織リーダーおよび報道関係者の出席の下で協定に署名した。マクアンドリューズ氏は、第68回国連総会開催中にアン・ナスル氏が招集した閣僚級会議に出席していた。

 Photo: リンク
 Photo: リンク

今回の協定更新は、模範的な両者共同プロジェクトである異文化交流賞(Intercultural Innovation Award、リンク)を新しいレベルの活動に持ち上げることで、国際社会の目標をさらに進める官民提携関係の将来性を強調して見せる。異文化交流賞はグローバルベンチャーであり、アイデンティティーの違いに由来する世界の緊張や紛争を軽減するため有効な草の根活動を判別し、財政的支援を供与し、現物支援する活動である。同賞は昨年、世界の14万人以上の個人に役立っている。前年より2倍の増加となる。さらに同賞開始以来、人々を支援してきたコミュニティーの数は3倍となる。

両者は国連と民間セクター間のこのような新しいコラボレーションのモデルが、より大きなインパクトを生み出すものと考えており、両者はそれぞれのプロジェクトの発展を保証するため、それぞれの専門知識を出し合うことにしている。重要なことは、今回の提携関係更新は、賞を通じて判定する各種活動に提供される支援のレベルが高まることを意味している。両パートナーは同賞を共同管理して、受賞者を支援するためそれぞれのリソース、時間、ネットワークを動員する。

さらに詳しい情報は以下を参照。
BMW Group Corporate and Governmental Affairs
Milena Pighi  Social Responsibility
tel: +49-89-382-21248
email: Milena.PA.Pighi@bmw.de

Alexander Bilgeri
Head of Business, Finance and Sustainability Communications
tel: +49-89-382-24544
email: Alexander.Bilgeri@bmw.de

ソース:BMW Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。