logo

企業向けSaaS型モバイルセキュリティ対策 ソリューション 新バージョン 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス モバイルバージョン 8.3」 を発表

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア) は、クラウド型サービス「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス モバイル セキュリティ (以下PSB モバイル セキュリティ)」の新バージョン 8.3の販売を開始いたしました。



エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(以下PSB)はマルチデバイスプラットフォーム対応のSaaS型セキュリティ対策ソリューションです。PSBを導入することで、企業で活用されている端末を、日々増加する様々なセキュリティ脅威から保護することが可能です。また、スマートフォンやタブレット端末の出荷台数の増加とともに、社内システムの利便性を考え、これらモバイル端末を企業内への導入・検討が進んでいます。


今回PSBモバイルセキュリティの新バージョンではAndroid OS ver.4.3をサポート対象となり、3G回線を利用してないWiFiタブレット端末にもアンチセフト機能を利用することができるようになりました。また、日々増加しているセキュリティ脅威はPC端末に対してだけでなく、モバイル端末も対象となってきています。特に2013年上半期には、Android端末を対象にした、悪意ある広告やドライブバイダウンロードによって配布されるAndroidマルウェアが世界的に広がっています。新バージョンではブラウザ保護機能やマルウェア検索エンジンも最適化され、さらに適切なモバイルマルウェア対策を行うことができます。今回のバージョンアップにより、企業はPSBの導入・運用が容易になり、PC / サーバ(Linux及びWindows)/ モバイル端末を含むマルチプラットフォームへの最新のセキュリティ対策を行うことが可能です。


エフセキュア プロテクションサービス ビジネス モバイル セキュリティ 8.3の概要

■主な新機能および変更点

●Android OS ver.4.3のサポート
   ※メインユーザのみ動作サポートとなります(マルチユーザ機能での動作はサポート対象外)

●Wi-Fi専用端末のサポート
 3G対応以外の端末でもアンチセフト機能がサポート対象となりました。

●ブラウザ保護機能の強化
   端末に予めビルトインされているブラウザに対してもサポート対象となりました。
  (Chromeは対象外となります。)

●リモートサイレントアクティベーション
   ユーザ側で操作することなくアクティベーションを行うことができます。

■製品参考価格
エフセキュア プロテクション サービス モバイル 単年新規(1-24ユーザ):4,300円/ライセンス


製品詳細情報:
リンク


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。