logo

簡単入力でお手軽ダイエットから、筋肉量の入力による筋力UPもサポート!Android向け体重記録アプリで1位を獲得した健康管理アプリ『RecStyle』のiPhone版をリリース

株式会社リクルートホールディングス 2013年09月30日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは、昨年10月のAndroid版をリリースして以来、約20万人にお使いいただいてきた、日々の体重などを記録し、グラフで表示して健康管理をサポートするスマートフォンアプリ『RecStyle』のiPhone版をリリースいたしました。

▼『RecStyle』のダウンロードはこちら
App Store リンク
Google Play リンク

――――――――――――――――――――
■『RecStyle』iPhone版の特徴
――――――――――――――――――――
『RecStyle』は日々の体重、BMI、ウエスト、筋肉量などを記録し、グラフ表示してくれる健康管理アプリです。
昨年10月にAndroid版をリリースして以来約20万人にお使いいただき、Google Playストア上で体重記録アプリで1位を獲得し、「ヘルスケアとフィットネス」部門で現在も注目されています。
せっかくカッコよくなりたくて体重管理に取り組んでいるのだから、それを応援してくれるアプリもスタイリッシュにカッコよく!
ダイエットをしたい女性も、ウエスト周りが気になりはじめた男性も、今のスタイルを維持したい人も、スタイルを管理したいすべての人に毎日使ってもらえるアプリです。
iPhone版では以下の3点をパワーアップいたしました。

1、グラフ画面をより使いやすく
 ・吹き出しの中にスタンプやメモも表示されるようになり、記録した全てのデータをグラフ画面から簡単に確認できるようになりました
 ・日付移動が矢印ボタンで簡単に行えるようになりました

2、データの入出力が可能に
 ・記録したデータはメールでエクスポート・インポートができるようになり、より便利になりました

3、国際化対応
 ・フィート・ポンドに対応しました
 ・端末の言語が英語の場合、英語バージョンに切り替わります

――――――――――――――――――――
■『RecStyle』の使い方
――――――――――――――――――――
・シンプルで簡単な入力・操作
使い方はかんたん、毎日、1回数値を入力するだけ。
毎日の入力を簡単にするため、極限まで機能・操作をシンプルにしました。
日々の入力は、数値メーターを合わせるだけのキーレス入力。また、スマホを横向きにすれば自動的にグラフ表示に切り替え、数値の変動を簡単に確認することができます。
シンプルでありながらも、目標値のライン表示や入力忘れをお知らせするアラート、
人には知られたくないカラダの数値を守るパスコードロックなど、基本機能は充実しています。

・管理したい項目を自分好みにカスタマイズ
自分の管理したい項目を自在にカスタマイズすることができます。
体重、体脂肪といったダイエットをする上で重要な項目に加え、筋肉量、ウエスト、BMI、各種スタンプ(便秘・体調不良・生理・食べ過ぎ・運動・飲み過ぎ)、メモを入力画面から簡単にワンタッチで追加できます。
これにより、ダイエットだけでなく、体調管理や筋力UPのサポートにもご利用いただくことができます。

・スタイリッシュなデザイン
『RecStyle』は、メディアテクノロジーラボとROBOTのコラボ作品です。
アプリの色はお好みやその日の気分に応じて、ブラック・ホワイト・オレンジ・グリーン・ピンクの5色を切り替えることが可能で、男女・年代を問わず、全ての人にマッチするスタイリッシュなデザインに仕上げました。

▼『RecStyle』のダウンロードはこちら
App Store リンク
Google Play リンク

――――――――――――――――――――
■アプリ概要
――――――――――――――――――――
・アプリ名:体重記録 - RecStyle
・価格:無料
・登録カテゴリー:ヘルスケア/フィットネス
・対応機種:Android端末、iPhone、iPod touch
・対応OSバージョン:Android2.2以降、iOS6.0以降
・アプリのダウンロード方法:App Store、Google Playにアクセスし「RecStyle」と検索

――――――――――――――――――――
■『メディアテクノロジーラボ』とは
――――――――――――――――――――
メディアテクノロジーラボは、リクルートが培ったメディアの知見と、テクノロジーの観点から、新たなメディアやコミュニケーションのあり方を研究開発することを通じて、生活者にとって適切で利便性の高い情報流通が行われる豊かな情報社会の実現を目指しています。

▼メディアテクノロジーラボとは
リンク

▼リクルートグループについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事