logo

カブク、日本初の3Dプリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」を提供開始

株式会社カブク 2013年09月30日 12時21分
From PR TIMES

~開発者・サービス提供者が簡単に3Dプリント機能を実装できるAPIを提供~

株式会社カブク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲田 雅彦)は、2013年9月30日より、日本初の3Dプリントクラウドサービス「rinkak 3D Print Cloud API」(リンク)を開発し、提供を開始しました。



「rinkak(リンカク)」(リンク)とは、3Dプリンターなどのデジタル製造設備を用いたマーケットプレイス&3Dプリントサービスです。クリエイターはrinkakに3Dデータをアップするだけで高価で高性能な製造設備で作品を製造でき、さらに販売もできます。プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバーのものまで、多様な素材のプロダクトを製造することが可能です。本サービスは、2013年6月のβ版提供開始以来、多くのクリエイター、企業、メディアから高い評価を頂いております。
新サービス「rinkak 3D Print Cloud API」(リンク)では、rinkakが提供するデジタル製造サービスをクラウドサービスとして活用することができるため、誰でも簡単にアプリやWEBサービスに3Dプリント機能を実装することが可能です。
【rinkak 3D Print Cloud APIの主な特徴】                                
(1) アプリやWEBサービスにすぐに3Dプリント機能を実装可能
3Dプリントに必要な機能をクラウドサービスとして活用することができるため、アプリやWEBサービスに3Dプリント機能をすぐに追加することができます。クラウド利用開始手続きも、rinkakオンライン上ですぐに行えます。
(2) 使える素材バリエーションは全30種類以上
rinkakで扱う素材バリエーションをすべて利用でき、プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバー、石膏、また最大12種類のカラーバリエーションの中から素材を選ぶことができます。
(3) 「rinkak」で使える機能・サービスをそのままに
rinkakが提供するマーケットプレイス機能、3Dプリントサービスをはじめ、自動価格計算機能、自動3Dデータチェック機能、リミックス機能、カート機能、決裁・発送サービスなど多様な機能・サービスをそのまま利用することができます。

URL: リンク

今後、開発者やサービ ス提供者のフィードバックを受け、さらなるサービスの拡充・機能追加を行うとともに、3D CADおよび3D CGデータを保有するサービスプロバイダーおよびコンテンツプロバイダーとの連携を強化して参ります。
※日本初の3Dプリントクラウドサービス:当社調べ

【rinkak(リンカク)について】                                       
「rinkak(リンカク)」(リンク)は、3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いたまったく新しいものづくりマーケットです。rinkakに3Dデータをアップするだけで高価で高性能な製造設備で作品を製造でき、さらに販売もでき、だれでもメーカーになることができます。プラスチックはもちろん、陶器や金属、ラバーのものまで、多様な素材のプロダクトを製造することが可能です。多種多様な分野のクリエイターやユーザーが集まることで創発性の高いコレボレーションが生まれ、今までに見たことのない新しく面白いものがどんどん生まれる世の中をつくることを目的としております。

【本件に関する問い合わせ窓口】
contact@kabuku.co.jp (株式会社カブク 広報担当)
【株式会社カブクについて】                               
株式会社カブクは、新しい価値観を発見し創り出すことで、世界がはじめて目にするものをつくっていく、そしてそれを時代を超えて愛されるものに育てていく、「かぶくもの」集団です。


■提供サービス
・rinkak
リンク
・rinkak 3D Print Cloud API
リンク
・DigitalMade Magazine
リンク


【会社概要】
会社名: 株式会社カブク(kabuku Inc.)
代表: 代表取締役 稲田 雅彦
本社所在地:  〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町42-6 co-lab Shibuya #102
URL: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事