logo

iPhone5s・5c購入意向意識調査 および iPhone5sパケ詰まり調査  新しいiPhoneで最も“パケ詰まり”しなかったのはau

山手線6駅で計測。購入意向者の6割強が「通信ネットワーク品質」を重視

◆調査結果サマリー◆

iPhone5s・5c購入意向意識調査
■「通信ネットワーク品質」は「費用」と同じく重要。
「通信ネットワーク品質」を重視する63.9%。「速い」、「エリア」、「途切れない」どれも大事

iPhone5s パケ詰まり調査
■パケ詰まり率はauが2.4%で最も少ない。
ドコモは16.8%と高く、6回に1回パケ詰まりが発生。

■WEBサイトへの接続時間はauとソフトバンクが約5.3秒で同一。
ドコモは平均9.4秒と他2社よりも約2倍に。





株式会社ブランド総合研究所では、2013年9月20日から9月24日にかけて、新しく発売されたiPhone5sならびに5cに対して購入意向についてインターネット調査を実施しました。その結果、63.9%の購入意向者が購入時に「通信ネットワーク品質」を重視すると回答、具体的に重視するのは「速度」、「エリア」、そして「途切れず安定している」ことがそれぞれ60%以上重要と回答しました。
それを受けて、携帯電話会社3社のiPhone5sを用いて通信計測調査「iPhone5sパケ詰まり調査」を同9月24日、25日に山手線6駅(東京、新宿、品川、渋谷、有楽町、秋葉原)の駅構内ホームで実施。Webページの平均表示時間はauとソフトバンクが同タイムの5.29秒で最も早いという結果に。また、各キャリアの「パケ詰まり率※」も計測。結果、最もパケ詰まりが起きなかったのはauで2.4%。ソフトバンクの3.9%を僅差で制し、au版iPhoneの方がソフトバンク版iPhoneよりも安定した表示時間になるという結果となりました。一方、ドコモは16.8%と6回に1回が「パケ詰まり」となり、他2社と大きな開きがありました。

※本調査では、生活実感として我慢できる時間を15秒未満とし、Webサイトへの接続時間が15秒以上経過した場合を「パケ詰まり」と定義しカウントしました。

調査結果、及び調査概要については下記の通りです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆調査結果サマリー◆
iPhone5s・5c購入意向意識調査
■ 「通信ネットワーク品質」は「費用」と同じく重要。
「通信ネットワーク品質」を重視する63.9%。「速い」、「エリア」、「途切れない」どれも大事

iPhone5s パケ詰まり調査
■ パケ詰まり率はauが2.4%で最も少ない。
ドコモは16.8%と高く、6回に1回パケ詰まりが発生。

■ WEBサイトへの接続時間はauとソフトバンクが約5.3秒で同一。
ドコモは平均9.4秒と他2社よりも約2倍に。 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


iPhone5s・5c購入意向意識調査
■ 「通信ネットワーク品質」は「費用」と同じく重要。
「通信ネットワーク品質」を重視する63.9%。「速い」、「エリア」、「途切れない」どれも大事

新しく発売されたiPhone5sならびに5cに購入意向のある人695名に対して意識調査を実施。購入に当たってどのような点を重視するか質問したところ、「通信ネットワーク品質」を重視すると回答したのは63.9%、次いで63.7%と僅差で「費用」を重視すると回答。「費用」も「通信ネットワーク品質」もいずれも同じように重視するユーザー心理が見て取れる結果になった。


「通信ネットワーク品質」が重要と回答したユーザーが具体的にどのような点を重視しているかというと、最も割合が高かったのは「通信速度が速い」で67.6%、次いで「通信エリアが広い」が66.9%、そして「通信が途切れず、安定している」が61.0%となっており、いずれも高い割合となっている。新しいiPhoneを購入するにあたって、通信ネットワーク品質の「速さ」、「エリア」、「途切れない」ことがいずれも非常に重要なポイントとして捉えられている。


---------------------------------------------------------------------------------------------

iPhone5sパケ詰まり調査

消費者が重要視している「通信ネットワーク品質」の状況に関して、併せて山手線6駅の構内ホームでドコモ、au、ソフトバンク各社のiPhone5sを使用しWeb表示計測調査を実施した。調査は駅ホームで、Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの時間を計測した(調査概要詳細は下記「調査概要」を参照)。以下、平均表示時間、パケ詰まり状況の調査結果をレポートする。


■ パケ詰まり率はauが2.4%で最も少なく、ドコモは16.8%と高い。

Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの時間を計測。今回は生活実感として我慢できる時間を15秒未満とし、表示に15秒以上時間がかかった場合を「パケ詰まり」と定義した。その結果、「パケ詰まり」を起こした割合が最も少なかったのはauで2.4%。次いでソフトバンクが3.9%と1.5%差の僅差となった。
一方、ドコモは16.8%と他2キャリアと比較して非常に高いパケ詰まり率となった。ドコモは秋葉原駅においてパケ詰まり率が65.0%と3回に2回はパケ詰まりする結果に。特に17時から20時の帰宅ラッシュ時には、表示にほぼ毎回15秒以上かかったことなどがパケ詰まり率を押し上げる結果となった。


 


■ ドコモはWEBページ表示までに平均9.4秒。auとソフトバンクは約5.3秒。

なお、Webポータルサイトのトップページが表示されるまでの平均時間を比較した結果、最も表示に時間がかかったのはドコモで約9.4秒。短かったのはauとソフトバンクが同タイムで約5.3秒となった。最も時間がかかったドコモは2社と比較して表示に約2倍の時間差が出るという結果となった。


 


■ 調査概要
調査名 iPhone5s・5c購入意向意識調査
方法 インターネット調査
調査対象者 iPhone5s・5cの購入意向がある20代から60代の消費者
有効回答数 695人
調査時期 2013年9月20日~9月24日
調査主体 株式会社ブランド総合研究所
調査協力 アイブリッジ株式会社

調査名 iPhone5sパケ詰まり調査
方法 調査使用スマートフォン端末はdocomo、au、ソフトバンクの各iPhone5sにて実施。調査はYahoo!Japanのトップページが完全に表示されるまでの時間を、下記の日程、時間帯、スポットにて各端末(合計:840回/キャリア)計測。1駅で下記朝、昼、夕の三回に時間を分けて、端末1台につき各50回計測(計150回/キャリア)。なお、有楽町駅、秋葉原駅では朝20回計測(計120回/キャリア)。計測にあたっては、表示に30秒以上経過した回については全て30秒として処理した。
※パケ詰まり:生活実感として我慢できる時間を15秒未満とし、表示に15秒以上時間がかかった場合を「パケ詰まり」と定義。WEBページが表示されるまでの時間が15秒以上を経過した計測回を「パケ詰まり」とした。
※各駅で3キャリアの調査端末がLTE(4G)を捕捉している場所を選定し
調査を実施。
※一回の計測毎に履歴およびキャッシュを消去。
調査場所 JR 6駅の構内ホームにて実施。
(新宿駅、渋谷駅、品川駅、有楽町駅、東京駅、秋葉原駅)
※JR東日本発表のJR東日本エリア内の2012年度乗車人員より、山手線上位でターミナル駅やビジネス利用、余暇利用など利用場面が様々な6駅を選定
調査時期 2013年9月24日~9月25日
(各駅8:00-10:00、13:00-15:00、17:00-20:00の計7時間調査)
調査主体 株式会社ブランド総合研究所
調査協力 株式会社RJCリサーチ
※本調査結果のリリース内容は、当該調査時の条件下でのデータ及び所感であり、諸条件等によって異なる場合がございます。

■ ブランド総合研究所の会社概要
ブランド総合研究所は、企業ブランドおよび地域ブランドの調査とコンサルティングを行う専門企業。ブランド戦略の理解・普及活動、戦略立案などを担当するほか、ブランド力を高めるための調査、コンサルティング、テストマーケティングなどの専門業務を行っています。
社名:株式会社ブランド総合研究所
本社:東京都港区虎ノ門1-8-5
代表:田中章雄(代表取締役社長)
設立:2005年
資本金:2,500万円

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。