logo

◎MaxthonがiOS用ブラウザーをアップデート

Maxthon 2013年09月27日 18時41分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎MaxthonがiOS用ブラウザーをアップデート

AsiaNet 54421
共同JBN 1119 (2013.9.27)

【サンフランシスコ2013年9月27日PRN=共同JBN】
*新機能はシェイク・アンド・センド・クラウドプッシュと15言語のローカルコンテンツ

最先端ウェブブラウザーを開発しているグローバルソフトウエア企業のMaxthonは27日、速度とパフォーマンスを強化し、「シェイク・アンド・センド(shake and send)」共有機能、15言語によるローカルコンテンツを備えたiOSブラウザー最新版をリリースしたと発表した。

Maxthonのジェフ・チェン最高経営責任者(CEO)は「iOSによるウェブブラウジングは、他の強力なiOS機能とは比較にならない。MaxthonのiOSブラウザーはこの欠点を埋めている。これによって、iPhone(アイフォーン)、iPad(アイパッド)でウェブを今までより早く、便利でユーザーフレンドリーに体験できる」と語った。

Maxthonの新しいiOSブラウザーはまた、以下の機能を備えている。
 *優れたソーシャル・インテグレーション:ボタンをクリックするだけで、ブラウザー内からどこへでも、いつでもコンテンツをソーシャル・チャンネルで共有できる。

 *最適化された共有「シェイク・アンド・センド」:ユーザーは自分のデバイスを単にシェイクするだけで簡単にコンテンツの共有ができる「シェイク・アンド・センド」のように、クラウドへコンテンツをプッシュしたり、複数の共有オプションにアクセス。

 *現地言語でのコンテンツ:地元ニュース、コンテンツ、サービスは15言語で利用でき、ユーザーにアクセスのしやすさとその時々の関連情報を提供する。

 *最適化された片手操作:ユーザーが片手でコンテンツを見たり、ナビゲートしたりできるようになっている「Push Away Menu(プッシュ・アウェー・メニュー)」のような滑らかな機能。

Maxthon国際部門担当のカール・マットソン副社長は「ウェブブラウジングとコンテンツ閲覧の焦点は、毎日のようにデスクトップからモバイルへ移行している。ウェブブラウザーは一層モバイル用に最適化される必要がある。Maxthon iOSアップデートブラウザーはそのマイグレーションとともに変わり、当社顧客がどのようなデバイスを使用しようがウェブを一層簡単で、迅速に、最適化するという当社の歴史を継続するMaxthonのより大きなビジョンを反映したものだ」と述べた。

Maxthonのダウンロードサイト:リンク

▽Maxthonについて
Maxthonは革新的なソフトウエア会社で、スピード、セキュリティー、扱いやすさ、クラウド機能の新標準を設定し続けている優れたウェブブラウザーを開発している。Windows、Android、iOS、Macのプラットフォームで利用できる。サンフランシスコ、ロサンゼルス、北京、上海、香港に事務所を持つMaxthonは150カ国以上で毎月1200万人を超える世界的なユーザーコミュニティーと接触している。Maxthonに関する詳しい情報はリンクを参照。

▽問い合わせ先
Burson-Marsteller for Maxthon
Sandy Choi
Sandy.Choi@BM.com
+1-212-614-4757

ソース:Maxthon

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。