logo

V-Lowコンテンツ流通チャンネル「Channel-Lo」※1向け、広告連動型地域情報発信番組モデル

TOKYO FM 2013年09月27日 13時00分
From PR TIMES

「CEATEC JAPAN 2013」でデモ展示

 株式会社エフエム東京(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千代 勝美)は、竹田印刷株式会社(愛知県名古屋市昭和区)の子会社でセールスプロモーション支援を行なう株式会社共同販促(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:松村 泰宏)、株式会社エフエム福岡(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役社長:佐々木 克)、クワトロメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:橋本 幸典)と共同で、2013年10月1日(火)から10月5日(土)まで幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2013」にてUSB型V-Low受信チューナーを接続した汎用タブレット端末とV-Low受信チューナーを内蔵したスマートフォンの試作機に今回バージョンアップしたV-Low受信アプリ(プロトタイプ)を用いて、V-Lowコンテンツ流通チャンネル「Channel-Lo」向けにブロードキャストコマーシャルカード配信サービス『Time Push』※2を活用した音声番組とデータ放送がリンクした新しい広告連動型の地域情報発信番組モデルのデモコンテンツ展示を行います。



なお、このデモコンテンツ展示は、「CEATEC JAPAN 2013」における、株式会社エフエム東京の出展ブース(ライフスタイルイノベーション 2013 ホール6 6G01)にて行います。

※1本サービスは、タブレット端末やスマートフォン向けに地元に密着した地域住民のためのコンテンツ構成で配信される放送サービスです。
※2 トレンドママの購買動機に直結する関心目線=アイコンの入ったカード型広告を基点に、企画連動で積極的にデジ
タルチラシへ誘導するV-Lowマルチメディア放送向けに株式会社共同販促が考案した広告配信サービス

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。