logo

東京マラソンをサポートしてきた日本マクドナルド 新たに「チャリティパートナー」としてサポート強化へ ドナルド・マクドナルド・ハウスへの支援を募る「マクドナルド・スマイルランナー」に北澤豪氏

日本マクドナルド株式会社 2013年09月26日 17時26分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO サラ L.カサノバ)は、東京マラソン2014において、これまでのボランティアパートナーに加え、今回、より多くのひとの気持ちをひとつに、より多くの笑顔を生み出すために、新たにチャリティパートナーとして東京マラソン2014“つなぐ”をサポートすることとなりました。

これまで、病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」へのチャリティ活動に取り組んできた日本マクドナルドは、東京マラソンのサポートから「ひとつになる力」を実感し、今回、東京マラソン2014“つなぐ”をサポートするに至り、より一層のチャリティ文化の醸成を目指します。

さらに、個人単位での寄付にとどまらず、家族や知人・友人にドナルド・マクドナルド・ハウス支援を呼びかけていただく、日本マクドナルド独自の「マクドナルド・スマイルランナー」を通じ、より幅広い人々への協力を募ることとなりました。このファンドレイジングを活用した取り組みに、今回、日頃から社会貢献活動に尽力されている北澤豪氏にご賛同いただき、“マラソンでチャリティ”を掲げ、フルマラソンに挑戦していただくこととなりました。

現役時代の足の古傷が懸念されながらも、「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援のために、高い志で取り組む北澤豪さんへの応援と、支援への参加をよろしくお願い致します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。