logo

株式会社言語理解研究所と資本業務提携を締結

高機能な言語理解エンジンと連携した次世代製品・サービス提供に向けた協業

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、徳島大学での言語理解エンジンと知識辞書構築の研究成果を事業化している株式会社言語理解研究所(本社:徳島県徳島市、代表取締役:青江 順一(徳島大学大学院教授兼務)、樫地 真確)と資本業務提携契約を締結しました。

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、徳島大学での言語理解エンジンと知識辞書構築の研究成果を事業化している株式会社言語理解研究所(本社:徳島県徳島市、代表取締役:青江 順一(徳島大学大学院教授兼務)、樫地 真確)と資本業務提携契約を締結しました。

1. 資本業務提携の理由及び内容
このたびの資本業務提携は、オウケイウェイヴが提供するFAQシステム「OKBiz for FAQ」ならびにQ&Aサイト「OKWave」(リンク)と、言語理解エンジンならびに知識辞書構築を専門に研究開発を行う言語理解研究所のソリューションを連携させることで、付加価値の高い次世代製品・サービスの提供を図ることを目的としています。この業務提携をより密接にかつ確実に進めていくため、オウケイウェイヴが言語理解研究所の実施する第三者割当による発行新株式の引受を行います(出資比率1.22%)。

今後オウケイウェイヴは、言語理解研究所の30年間にわたって熟成された大規模意味理解知識、約7万語種類の概念知識、1,200万語の大規模解析辞書と最先端言語理解エンジンをFAQシステム「OKBiz for FAQ」に組み合わせて、検索機能の向上を中心とした製品強化を行っていきます。また、「OKWave」との組み合わせによる検索機能の強化や次世代サービスの開発についても検討していく考えです。

2. 資本業務提携の相手先(株式会社言語理解研究所)の概要(2013年9月26日現在)

名称:株式会社言語理解研究所

所在地:徳島市中常三島町1丁目32番地1 一坂ビル2-C

代表取締役:青江 順一(徳島大学大学院教授兼務)、樫地 真確

事業内容:徳島大学工学部知能情報工学科青江研究室の研究成果事業化を目的とする大学発ベンチャー企業で、言語理解エンジンと知識辞書構築を専門に研究開発し、次世代製品へのソリューションを提案することを目的としています。約30年間にわたり熟成された大規模意味理解知識、約7万語種類の概念知識、1,200万語の大規模解析辞書と最先端言語理解エンジンとを組み込むことで、従来技術では実現し得なかった革新的な言語理解機能で魅力的な製品の開発を支援します。

資本金:3,400万円

設立年月日:2002年1月28日

主要取引先会社:株式会社アドバンスト・メディア、株式会社IHI、伊藤忠テクノサイエンス株式会社、インフォコム株式会社、エヌ・ティ・ティ アイティ株式会社、株式会社NTTデータ、日本電気株式会社、米国Apple Inc.、株式会社本田技術研究所、株式会社メディアフュージョン (五十音順)

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことを企業理念に、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(リンク)を2000年1月に正式公開しました(月間PV:1億4,000万以上※2013年6月末現在、PCサイト)。2,900万件以上のQ&Aデータベースを大手ポータルサイトなど約80サイトが活用する他、企業の顧客サポート用途に「OKBiz for Community Support」を提供しています。また、「OKWave」の運営ノウハウを基に、特許を有するFAQシステム「OKBiz for FAQ/Helpdesk Support」を大手企業、自治体など260サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、日本マイクロソフト株式会社との協業事業のモノのまとめサイト「myFave」(リンク)、ナレッジマーケット「High500」(リンク)、ナレッジ共有サイト「OKGuide」(リンク)、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、ソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」(リンク)、ライフログソーシャルメディア「exstamp」(リンク)、モバイルでの有料の専門家相談サービスなど、Q&Aを軸にした感謝の気持ちでつながるサービスを提供しています。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。