logo

研究開発現場での特許出願を視覚で支援する、特許調査/戦略立案支援サービス「R&D Navi」を販売開始

サイバネットシステム 2013年09月26日 12時07分
From PR TIMES

独自のビッグデータ解析エンジンにより、アイデアの概要を文章で入力すると類似特許を数十秒~数分で解析して視覚的にMAPで表示します。



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、製造業などの研究開発現場で特許出願を検討中のアイデア(発明)に新規性があるか否かが一目でわかるクラウドサービス「R&D Navi」を、2013年9月26日より販売開始することをお知らせいたします。本サービスは、サービス開始から1年で50社への販売を目指しております。

企業を取り巻く国内外の技術開発競争は益々激しくなってきており、その根幹を成す技術の特許取得は企業の生命線ともいえます。特許出願前には新規性の有無や他社が出願している特許に抵触していないか調査することが必要となりますが、日本国内の特許出願数は1993年以降だけでも750万件(出願公開件数)に達しているため、膨大な量の特許データから類似特許を調べるには時間と労力がかかり、研究開発現場での特許出願サイクルを長くする一因となっておりました。


そこでサイバネットは、研究開発現場での特許出願を支援するクラウドサービス「R&D Navi」の提供を開始いたします。本サービスを利用することで、自分のアイデアの類似特許が瞬時に視覚的に把握できるので、特許に関する専門的な知識や検索式などのノウハウを持たない研究開発現場のエンジニアでも容易に新規性の有無を判断できるようになります。

また、開発現場の発案段階で、ある程度の選別を行えるので、最終的に出願判断をする専門部署の負荷も軽減でき、発明から特許出願までの時間を短縮できます。特許出願以外でも、競合他社の特許出願傾向や領域の把握、M&Aの対象となる企業が出願している特許領域を把握して、自社との補完関係を確認することにも利用できます。


                      

                                               R&D Naviの検索結果画面    

===============================
R&D Naviの特長
===============================

R&D Naviは、特許出願を検討中のアイデア(発明)に新規性があるか否かが一目でわかる特許調査/戦略立案支援サービスです。アイデアの概要を文章で入力すると類似特許を解析して視覚的に表示します。R&D Naviを研究・開発現場で利用すれば、発明から特許出願までの時間短縮化につながります。


-------------------------------------------------------
高度な概念検索
-------------------------------------------------------
自分のアイデア(発明)をそのまま文章で入力するだけで検索できるので、検索条件の検討に時間を要しません。文章中のキーワードを分割して重み付けし、同様のキーワードを有する類似特許リストを取得して解析することで、関連性の高い特許を視覚的に瞬時に把握できるMAPに表示することができます。 


                                  

-------------------------------------------------------
わかりやすいMAP表示
-------------------------------------------------------
R&D Naviの検索結果は、リスト表示のほかにMAPで表示することができます。表示された赤い点はそれぞれ特許になっており、類似性の高い特許ほど近くに表示されます。また、MAP内に表示される黒色のマス目はガイドラベルといい、そのマス目に含まれる特許を代表する特徴的なキーワードが表示されるので、MAP内を分析する際の最初の手掛かりとして利用できます。その他にも、既存特許の点を保有企業ごとに色付けしたり、タイムスケールを動かすことで出願時期ごとに濃淡をつけたりして可視化することもできます。


-------------------------------------------------------
容易な情報共有/コラボレーションツール
-------------------------------------------------------
検索結果のMAP を保存することができるため、自分が所属するグループメンバーとMAPの共有が可能です。上長や関連部門への報告、他部門とのコラボレーションを容易にします。

-------------------------------------------------------
簡単な操作性
-------------------------------------------------------
直感的にオペレーションすることができるため、マニュアルやトレーニングは不要です。サーバーなどの構築は不要で、Webブラウザとインターネット接続環境さえあれば、現場のエンジニアでも容易に特許調査に利用できます。

===============================
その他
===============================
■ 独自のビッグデータ解析エンジン
R&D NaviはAmazonが提供しているAWS (Amazon Web Services)上に置かれたサーバーで実行されており、高速に検索できるようチューニングされたノードを構築し、その高速ノードの性能を最大限に活かす独自のビッグデータ解析エンジンを使用して解析しています。

■ 対象特許
R&D Naviに収録している特許データは、日本国公開特許(1993~)、公表特許公報・再公表特許公報(1996~)および、米国 公開特許公報(2001~)、登録特許公報(1976~)となります。これらの特許データは毎週、最新情報に更新しています。

■ 動作環境
Webブラウザ


Google Chrome 27.x 以上

Mozilla Firefox 22.x 以上


===============================
価格・無料評価版
===============================

-------------------------------------------------------
価格
-------------------------------------------------------
■ 月額 50,000円 / 1 ライセンスあたり (※契約は年契約となります・税別)
      ※ボリュームディスカウントをご用意しております。詳しくはお問い合わせください。

■ 30日間無料評価版
      R&D Naviの無料評価版をご用意しております。お気軽にお問い合わせください。
  
R&D Naviの詳細、無料評価版については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク

===============================
2013 特許・情報フェア&コンファレンスに出展予定
===============================

2013年11月6日より東京(北の丸)で開催される「2013 特許・情報フェア&コンファレンス」にR&D Naviを出展する予定です。


会期    2013年11月6日(水)~8日(金) 3日間 10:00~17:00

会場    科学技術館(東京・北の丸)東京都千代田区北の丸公園2-1

主催    一般社団法人発明推進協会 一般財団法人日本特許情報機構                                  フジサンケイビジネスアイ 産経新聞社

詳細     リンク


-------------------------------------------------------
サイバネットについて
-------------------------------------------------------
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの展開を行っており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
リンク
※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。


--------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ  サイバネットシステム株式会社
--------------------------------------------------------------------
● 内容について
IT事業部 営業部/谷本
TEL:03-5297-3487 E-MAIL: itdsales@cybernet.co.jp

● 報道の方は
広報室/春日
TEL:03-5297-3066 E-MAIL: irquery@cybernet.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。