logo

テクトロニクス、短距離/長距離用100/400G光ネットワーク・テスト・ソリューションを発表

テクトロニクス 2013年09月26日 11時28分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2013年9月26日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、短距離、長距離の両方の100G光ネットワーク・テストを強化したことを発表します。新製品80C15型32GHzマルチモード光サンプリング・モジュールとOM5110型46GBaudマルチフォーマット光トランスミッタは、9月23~26日にロンドンで開催されるEuropean Conference on Optical Communicationsの展示会で発表されます。今回の新製品発表により、光半導体コンポーネント、ネットワーク・エレメント/システム、および次世代光ファイバ・ネットワークで使用されるコヒーレント変調フォーマットのテスト機能が強化されます。

今回の発表は、光ネットワークの設計と製造マーケットのダイナミクスの変化を反映したものです。高速光ネットワークは短距離のデータ・センタ・アプリケーションでの利用が増加しており、100Gbps(4×25)Ethernetシステムでのマルチモード、850/1310nm信号を解析するテスト機器が望まれています。長距離のアプリケーションではコヒーレント変調技術に移行しつつあり、光ファイバの帯域を最大限に利用できるため、PM-QPSKや、PM-16QAMなどのフォーマットを使用して、高い性能と低ビット・エラー・レートを実証するためのテスト・システムのニーズが生まれています。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「80C15型の発表により、テクトロニクスは研究室/製造環境の両方で使用できる、非常に正確なマルチモード短距離テスト・ソリューションの市場ニーズにお応えします。また、既存の光ファイバによる高効率の長距離伝送という強い要求に対しては、OM5110型などの計測器グレードの光トランスミッタにより、研究/設計エンジニアはコヒーレント光変調の各種方式について深い洞察を可能にします」

<光短距離テスト>
新製品32GHz 80C15型マルチモード光サンプリング・モジュールはDSA8300型サンプリング・オシロスコープとの組み合わせにより850/1310nm、マルチモード信号の高忠実度アクイジションを可能にします。周波数応答が厳格に制御されているため、22~32GHzのすべての短距離規格の自動コンプライアンス・テストにおいて、優れた再現性を実現しています。

DSA8300型と80C15型マルチモード光サンプリング・モジュールは、100fs rms以下の電気/光ジッタ測定において、超低レベルの機器ノイズと優れた位相ノイズ性能を実現しました。短距離アプリケーションで使用される、低電力信号の正確な測定に必要なテスト・マージンも確保できます。さらに、規格固有のヒット・レシオをベースとした、マスク・マージンを含んだマスク・テストもサポートしています。

<長距離光ネットワーク・テスト>
長距離の光研究/開発アプリケーションでは、OM5110型モジュールを使用することで、変調器とRFアンプの完全自動およびマニュアルによるバイアス・コントロールにより、BPSK、PM-QPSK、PM-16QAMなどの代表的なフォーマットを最高46GBaudで変調し、優れた設定機能と使いやすさを実現します。OM5110型の発表により、テクトロニクスは信号出力から変調、信号取込み、解析までの優れたコヒーレント光テスト・システムを提供する、唯一のテスト/計測器メーカとなります。

OM5110型はCバンドまたはLバンドのレーザを内蔵し、外部レーザもサポートします。自動バイアス制御により、変調器のすばやいセットアップと優れた操作性が得られる一方、マニュアルによるバイアス制御では特定のテスト条件によるすべてのバイアス電圧を設定することができます。付属のソフトウェアにより、Ethernet経由でレーザ・パワー、バイアス制御など、すべての動作パラメータを制御することができます。

OM5110型と、業界最速のAWG70001A型50GS/s任意波形ジェネレータを組み合わせることにより、高効率的コヒーレント変調フォーマットの設計に理想的な、コヒーレント光信号出力システムが構築できます。さらに、OM4106D型コヒーレント光信号アナライザとDPO73304DX型デジタル・フォスファ・オシロスコープを使用することで、エンド・ツー・エンドの優れたコヒーレント光テスト・システムが構築できます。



<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開し、優れたサービスとサポートを提供しています。詳しくはウェブ・サイト(www.tektronix.com/ja)をご覧ください。

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix、テクトロニクスは Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。