logo

◎Allotropeが研究所データの最先端枠組み開発でOsthusと提携

Allotrope Foundation 2013年09月24日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Allotropeが研究所データの最先端枠組み開発でOsthusと提携

AsiaNet 54372
共同JBN 1098 (2013.9.24)

【ワシントン2013年9月24日PRN=共同JBN】有力な医薬品、バイオテクノロジー会社のコンソーシアムAllotrope Foundationは、大きな期待が寄せられている研究所データのオープンな枠組みの設計会社としてOsthus Inc.を選んだ。Osthusが提供するサービスの範囲にはAllotropeへのコンサルティング・サービスおよび枠組みの設計、暗号化、実装が含まれている。

ベーリンガー・インゲルハイムの副社長(分析開発)でAllotropeの役員会長であるゴードン・ハンセン氏は「包括的で厳密なRFP(提案依頼書)プロセスでOsthus Inc.は革新的なアイデアとAllotropeの枠組みのコンセプトを実現するためのインテリジェントなソリューションで強い印象を与え続けた。Osthus Inc.と提携してインテリジェントな分析研究所の基礎を協力して築くことに興奮している」と語っている。

Osthus Inc.社長でOsthus GmbHのマネジング・ディレクターであるTorsten Osthus博士は「Allotropeの革新的で高い意欲を持つメンバーと協力して、政府の要求条件をより容易に順守しながら、より速い、よりコスト効率に優れた革新によって生命科学会社とそのベンダーを前進させる共通の枠組みをつくり出したい。Osthus Inc.は要するに研究の複雑さを意思決定の知識とプロセスの効率に変える会社である。Allotropeの枠組みはそれを容易にするために設計された重要な足がかりである。このプロジェクトに参加できるのは光栄である」と述べている。

ワシントンでの最近の1週間ワークショップで枠組みの開発が始まり、共同設計、必要条件研究がスタートした。

▽Allotrope Foundationについて
Allotrope Foundationは医薬品会社の国際的なコンソーシアムで、共通の標準ツールセットを使って分析データをその完全なライフサイクルにわたって管理する革新的でオープンな枠組みを開発している。Allotropeの目的はインテリジェントな分析研究所を現実のものにすることである。それはデータ、方法、ハードウエア部品が異種プラットフォーム間で円滑に共有され、どの分析装置から生まれたデータでもそれを使ってワンクリックでリポートが作成できる自動化された研究所である。Allotropeのインテリジェントな分析研究所のビジョンは、ベンダー、分析共同体との協力、協議のオープンな「エコシステム」の生成を通じて実現される。

詳しい情報はリンクまたはeメールでinfo@allotrope.orgへ。

▽Osthusについて
Osthusは有力な世界的システムインテグレーターで、生命科学と関連業界の研究開発のためのプロセス、データ統合を専門にしている。ユニークなパートナー・ポートフォリオと複数の専門分野にわたるテーマの問題の専門家を擁するOsthusは、世界の有力な研究会社にコンサルティング、インテグレーション、開発、業務、メンテナンス・サービスを提供している。

詳しい情報はリンクまたは電子メールでmedia@osthus.comへ。

ソース:Allotrope Foundation

▽問い合わせ先
Allotrope Foundation, Secretariat,
+1-202-230-5653

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。