logo

ON/OFF 両用オフィスチェア。市場浸透中の「大きく撓る背もたれ」は、今後回転椅子の主流となるか。

ビーズ株式会社 2013年09月24日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/09/20

ビーズ株式会社

ON/OFF 両用オフィスチェア。
市場浸透中の「大きく撓る(しなる)背もたれ」は、今後回転椅子の主流となるか。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社オフィス・インテリアブランドBauhutte(バウヒュッテ)より、驚くほど柔軟性の高い樹脂を、背もたれ部の素材として取り入れたオフィスチェアを発売します。

 今回発売となるオフィスチェアBC-59 の背もたれ部には「ナイロン・コンポジット・エラストマー樹脂」が採用されています。
 体重をかけると荷重に応じて緩やかにしなり、荷重を抜くと自らの反発力で元に戻るという、その高い柔軟性を備えた樹脂により、着座姿勢のまま振り返ったり、反りかえったり、またストレッチをおこなったりする動作が、従来の回転椅子に比べ、より自然におこなえるようになりました。
 現在、世界のチェア市場だけでなく、日本市場でも取り入れられつつあるこの素材に注目し、Bauhutte(バウヒュッテ)独自の機能とコンセプトを付加、このたび導入されるのが、BC-59 です。
 Bauhutte では、「大きくしなる背もたれ」にヘッドレストを装着。ストレッチだけでなく、ゆったりと体を預けてくつろぐことも可能にしました。また、肘掛けには高さ調整だけでなく、後方に倒すことが可能なロータリーアームを採用、様々な使用・収納環境に対応します。

 普段はデスクワークに集中(ON)できるよう、椅子の高さ調整はもちろん、通気性のよいメッシュ状の背もたれ部や、高い耐久力をもつモールドウレタン採用座部等、必要十分なスペックを取り揃えています。
 一方、息抜き(OFF)の際には、リクライニング機構や背もたれ上下調整等、消費者ごとのベターなポジションを見つけ出すことを可能にしており、軽いストレッチをおこなったり、ゆったりと体を預けてみたりと、心だけでなく体も休まることが期待できます。

Bauhutte では、近い将来この「しなる樹脂」がチェア市場のあらゆるシーンをリードしていくと予想し、BC-59 に採用しました。


【製品名】 オフィスチェアBC-59
【カラー】 グレー&ブラック
【重量】 15kg
【希望小売価格】 43,050 円(税込)
【製品情報】 リンク
【プレスリリース一覧】リンク

 弊社オフィス・インテリアブランドBauhutte(バウヒュッテ)は、デスクワークに対する集中力を高めるだけでなく、つかの間の休息もしっかりとサポートできる、ON/OFF 両用オフィスチェアを、広く世間に浸透させることを1 つの理想としており、今回発売となるオフィスチェアBC-59 は、その理想を現実のものとすべく導入された製品です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。