logo

DE-CIX、ニューヨークで画期的なキャリアニュートラルなインターネットエクスチェンジを開始

DE-CIX 2013年09月19日 11時10分
From JCN Newswire

世界最大のインターネットエクスチェンジ事業者が、まずニューヨークから米国市場に参入

FRANKFURT, GERMANY, Sept 19, 2013 - ( JCN Newswire ) - 世界最大級のインターネットエクスチェンジ事業者で、フランクフルト・アム・マイン(ドイツ)に本社のあるDE-CIXは、米国で事業を開始したことを本日発表しました。DE-CIX North Americaは、米国の主なメトロ地域でインターネットエクスチェンジを確立します。ニューヨークに最初の市場として、分散キャリアおよびデータセンタニュートラルなインターネットエクスチェンジが提供されます。DE-CIXは、米国の重要なデジタルインフラと、それを運用する都市のインフラを強化する施策として、今回の北米通信市場への参入を行いました。

フランクフルトのDE-CIXと同じオープンモデルに基づいて、「ピアリング」と呼ばれる大容量で高パフォーマンスのレイヤー2相互接続のために、DE-CIX North Americaは米国で新しいインターネットエクスチェンジを運営します。

広く普及している米国のインターネットトラフィックエクスチェンジモデルと違って、DE-CIXは、特定のメトロポリタンエリアの複数データセンタ間で一秒当たり複数テラビットの規模のトラフィック容量をサポートする全ファイバメトロ光バックボーンとともに、大規模イーサネットスイッチングファブリックを展開します。これによりすべてのタイプのインターネットプロバイダが、ニュートラルな分散インフラ間でトラフックをやりとりできます。これと比べて、現在の米国のコロケーションおよびエクスチェンジモデルでは、データセンタが第一に構内テナントにサービスを提供するか、パッシブプライベートインターコネクト(PI)にお客様を接続しますので、優位性があります。

「ニューヨークは世界トップクラスの都市で、デジタルインフラを最高水準にまで進化させたいという積極的な関心があります。」とDE-CIX CEOのHarald A. Summaは述べました。「インターネット会社にとって、この街は最高の選択肢です。そのため弊社では、米国での新規事業の本社としてニューヨーク市を選択し、ニューヨークを北米初のインターネットエクスチェンジ展開の拠点とすることに決定しました。」

「ニューヨーク市には、ブロードバンドプロバイダやコンテンツ企業などの多くのISPが集結しており、活気のある成長中の技術コミュニティがあります。」と、Summaは続けました。「新しいエクスチェンジを確立し開発することで、世界最高クラスの技術ハブとしてのニューヨークの評価が高まり、他の一流の属性も向上します。ニューヨークの新規DE-CIXエクスチェンジは間もなく運用を始め、シリコンバレーやロサンゼルスでも展開を予定しています。DE-CIXはこれら第一級の都市が、インターネットハブとしての役割を拡大し、最終的にはグローバルインターネットエコシステムにふさわしい重要な役割を果たすようになる支援をします。

ニューヨーク市はすでに、ConnectNYC Fiber Accessプログラムなどのプログラムで、デジタルインフラ開発に対応するアクションを取っています。これらの施策は、街を企業と個人の両方にとってより良い場所にするために欠かせない要素です。

「我々は現在、ニューヨーク市を世界をリードするデジタルシティに変革しつつあります。」と、ニューヨーク市最高デジタル責任者のRachel Haotは述べました。「デジタル技術がすべてのニューヨーク市民に生活向上をもたらすよう、我々は努力しています。このニュートラルなインターネットエクスチェンジの市内での実装は、基盤技術インフラを改善し、ニューヨークが他のデジタルハブとグローバルに競合できるようにするための重要なステップです。

オープンインターネットエクスチェンジアプローチに続いて、DE-CIXは、特に、インターネットコミュニティ全体に支持されるニュートラルでコスト効果の高いインターネットエクスチェンジの作成をサポートする新しい業界グループのOpen-IX施策のサポートを継続します。

DE-CIXは、先日記録的な成長を発表したアラブ首長国連邦ドバイのUAE-IXやドイツのフランクフルトのDE-CIXなど、全世界でインターネットエクスチェンジの運用と管理を行っています。

DE-CIXについて

1995に設立されたDE-CIXは、フランクフルトにあり、イーサネット通信とISP相互接続(ピアリング)で世界をリードする通信事業者です。DE-CIXは、ドイツ各地と中東のメトロ市場で、分散された拡張可能なフェイルセーフのインフラを通じて、ネットワーク間のIPトラフィックの相互接続を促進しています。これには、ブロードバンドネットワーク、ホスティングプロバイダ、コンテンツプロバイダ、クラウドコンピューティング関連事業などがあります。50か国以上500社以上のISPが、大部分のインターネットトラフィックの処理にDE-CIXを使用しており、DE-CIXはピアリングをサポートする世界最大の相互接続設備となっています。DE-CIXの得意先には、1&1、アカマイ、中国電信、Facebook、Google、Telefonicaなどの世界大手企業があります。

同社は、アラブ首長国連邦ドバイのUAE-IXの運用を2012年に獲得して以来、国際的に成長をしています。これは同国で初めてのキャリアニュートラル相互接続およびピアリングプラットフォームでした。詳しい情報は www.de-cix.net リンク をご覧ください。

DE-CIXのメディアに関する質問は、下記にお問い合わせください。
Jaymie Scotto & Associates
+1-201-839-0177 x13
pr@jaymiescotto.com

概要:DE-CIX

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。