logo

Bombardier CSeries航空機、歴史的な初飛行を完了

Bombardier 2013年09月18日 15時00分
From JCN Newswire

MONTREAL, QUEBEC, Sept 18, 2013 - ( JCN Newswire ) - 本日、素晴らしい気象条件の下、Bombardier AerospaceはCSeries航空機の初飛行の成功を祝いました。このイベントは、100~149座席市場セグメント向けに特に設計された最新型航空機ファミリーの運航業者への提供という大きな期待を集めている同社の開発プログラムにおいて、大きなマイルストーンとなりました。今回の初飛行は、最初のお客様への納期を目指すCSeries航空機の飛行試験プログラムの開始を印すものであり、航空機認可プログラムの一環であるPratt & Whitneyの新型Geared Turbofan(TM) PurePower搭載機の初飛行でもありました。

- Bombardier Aerospace、米国東部夏時間13:45前後に記者会見実施
- 初飛行の写真は www.bombardier.com リンク および www.cseries.com リンク で入手可能
- Bロールは www.bcamediafootage.com リンク で入手可能

CSeries飛行試験一号機(FTV1)は、カナダの登録マークC-FBCSを取得したCS100ジェット旅客機で、その歴史的なフライトは、Bombardier飛行試験センターの主任飛行試験パイロットのCharles (Chuck) Ellisが、機長を務めました。Ellis機長は、フィーストオフィサーのAndris (Andy) Litavniksと飛行試験技師のAndreas Hartonoの二人の同僚によって選ばれました。試験機はモントリオール-ミラベル国際空港を米国東部夏時間約9:55に離陸し、約12:25に帰還しました。

「CSeries航空機のパフォーマンスは印象的なものでした。これ以上素晴らしい初飛行は望めなかったでしょう。」とEllis機長は述べました。「FTV1の最先端のフライトデッキの反応は非常によく、快適で、機体も期待通りに動いてくれました。全体を見ると、非常に生産的な初飛行を行い、試験飛行プログラムは輝かしいスタートを切ったことになります。」

「Bombardierにとって誇るべき日であり、CSeries航空機の設計、そして拡張地上試験プログラムを検証するものです。」と、Bombardier Commercial Aircraft CSeriesプログラム統括マネジャー兼VPのRob Dewarは述べました。「製作に5年間を費やしたCSeries航空機の初飛行は、全世界の従業員、パートナーおよびサプライヤの驚くべき努力と献身の成果が最高潮に達した瞬間と言えます。」

「初飛行ではCSeries FTV1は高度12,500 フィート (3,810 m)、速度230ノット(426 km/時)に達しました。飛行試験ではフラップと着陸装置の出し入れ、シミュレーション済みの着陸を含む機動飛行、飛行制御システムの早期検証などが行われました。さらに、ご来場いただいた多くの方から、離陸と着陸の際の印象的な性能と静かさについてコメントが寄せられたことにも喜んでおります。」と、Dewarは述べました。

「Bombardierのリーダーシップチームを代表して、今回のフライトを大成功に導いたすべての方々に感謝をささげます。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のMike Arcamoneは述べました。「CSeries航空機は、優れた経済性、環境フットプリントの削減、および例外的な飛行エクスペリエンスで、100~149座席の商用航空機市場を革新する初の最新型単一通路型航空機であり、同機の開発プログラムに注がれた忍耐、気遣い、そして品質は、本日のマイルストーン達成で大きく輝きました。

「業界の流れを変えるCSeries航空機を、お客様や乗客の皆様の下で就航させるまでの道のりは、今回のフライトでまた一歩、前進しました。」と、Arcamoneは付け加えました。

CSeries航空機一号機は、同社のケベック州ミラベル工場へ帰還すると、3,000人以上のBombardier従業員と役員、お客様、パートナー、サプライヤなどに迎えられました。この工場では現在、CSeries航空機プログラムの最終組み立てラインが建設中です。

CS100飛行試験機は合計5機で、現在すべてが何らかの組立段階にありますが、今後数か月以内に飛行試験プログラムに加わるでしょう。

記者会見

米国東部夏時間本日13:45ごろ、Bombardierは、CSeries航空機のフライトの詳細を報告する記者会見を行います。事前登録したメディア担当者は、BombardierのMirabel工場の会場またはオンライン( www.cseriesfirstflight.bombardier.com リンク )で、参加できます。登録されたメディアからオンラインで寄せられた質問のみ、対応されます。Twitterまたは他のソーシャルメディアチャネルから送られた質問は、大量に寄せられることが予測されますので、会見中では対応いたしません。

ニュースや最新情報については、 CSeries Hub ( www.cseries.com リンク )やBombardierのTwitterチャネル( @Bombardier_Aero )をフォローしてください。

CSeries航空機

完全に一新されたCSeries航空機ファミリーは、成長の著しい100~149座席型の市場向けに設計されており、商用航空機の要件に対応するために、先進的な素材と、最先端の技術と実績ある手法を組み合わせています。Pratt & Whitney PurePower PW1500Gエンジンを搭載したCSeries航空機には、運用費で15%(i)、燃費効率で20%(i)のメリットがあります。座席数追加オプションにより、CS300航空機の生産性はさらに向上し、航空会社に1座席あたり平均4%の追加キャッシュ運用コスト(i)の優位性を提供します。CSeries航空機ファミリーは、徹底的に一から設計されていますので、同機は騒音と排ガス量を大幅な削減を達成します。運航柔軟性も非常に高く、飛行場関連の性能にも優れ、航続可能距離は2,950 NM (5,463 km)です。(i)CSeries航空機の重量は、同じ座席カテゴリーの他の航空機より最大12,000ポンド(5,443 kg) (i) 軽くなる予定で、単一通路型航空機でありながら、ワイドボディ並みのクラス最高の客室環境を乗客に提供しています。

本日現在、Bombardierは、CSeries航空機388機の発注とコミットメントを受けており、そのうち177機がCSeries航空機の正式発注です。CSeries航空機プログラムには15社のお客様とリース会社が参加しています。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界で唯一のメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社は車両・航空機やサービス、そしてとりわけ従業員により、世界の交通をリードしています。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2012年12月31日締め会計年度の売上高は、168億米ドルでした。ニュースと情報は www.bombardier.com リンク からご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

FTV1とそのフライトの画像は www.bombardier.com リンク のプレスリリース・セクションに本プレスリリースとともに掲載されています。追加の写真と動画はCSeries Hub ( www.cseries.com リンク )にあります。Bロールは www.bcamediafootage.com リンク にあります。

Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで @Bombardier_Aero をフォローしてください。

(i) CSeries航空機は開発段階です。すべてのデータと仕様は推定であり、航空機ファミリーの戦略、ブランド関連、容量、性能は、開発、製造、認定の過程で変更される場合があります。言及された性能はすべて、北米で500-nmで運航した環境をベースに推定されています。比較は就航中の航空機に対して行っています。

PurePower (R)はUnited Technologies Corp. - Pratt & Whitneyの登録商標です。

Bombardier、CS100、CS300、CSeriesおよびThe Evolution of MobilityはBombardier Inc.とその子会社の商標です。

お問合せ情報
お問い合わせ先:
Marc Duchesne
Bombardier Commercial Aircraft
+1-416-375-3030
marc.duchesne@aero.bombardier.com
www.bombardier.com リンク

概要:Bombardier

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。