logo

もしもの時の障害回避に強い インテリジェントLAN/WAN回線切替装置「ST-9075B」にRJ-11基板を追加

セイコーソリューションズ株式会社のインテリジェントLAN/WAN回線切替装置「ST-9075B」に、公衆モジュラーケーブルの切替が可能なRJ-11基板を追加しましたのでご案内いたします。

 従来のV.24、V.35、X.21、I.430/431、10BASE-T、100 BASE-TX、1000BASE-Tに加え、対応回線が9種類となりました。


 「ST-9075B」は、わずか3Uの本体に16回線までの切替基板を搭載できるフォールバックスイッチです。 カスケード接続で16台、最大256回線の制御が可能なため、さまざまなインターフェイスに対応する企業や大規模システムでの本番機/予備機の切替えなどに利用されています。


 本番系の障害に備えた予備系切替えスイッチ以外の用途として、例えばメンテナンスのときだけスタンドアロンで使用している端末をメンテナンス用PCと接続したり、 あるいはWebサーバが外部からの攻撃を受けた際に物理的に社内のネットワークから切り離したりするなど、もしもの時の障害回避対策にご活用いただけます。


<インテリジェントフォールバックスイッチST-9075B概要>
【販売価格】 ST-9075B 本体   40万円~
        公衆モジュラーケーブル切替基板   5万円~
【その他の特長】
        ■n対1の切替が可能
         <本番/予備比率> 公衆モジュラーケーブル 4:1
                     V.24・V.35・X.21・I.430・10BASE-T 11:1
                     I.431・100BASE-TX・1000BASE-T 1:1
        ■LANに接続してリモートコントロール切替も可能
        ■ラッチングリレーの使用により本機の電源OFFでも切替状態保持

詳しくは  リンク


【セイコーソリューションズ株式会社 概要】
会社名  :セイコーソリューションズ株式会社
所在地  :千葉県千葉市美浜区中瀬1-8
TEL :043-273-3111
代表者  :代表取締役社長 山本 隆章
設立 :2012年(平成24年) 12月13日
       セイコープレシジョン株式会社よりシステムソリューション事業を譲り受け、
2013年(平成25年) 4月1日より営業開始
資本金  :5億円
株 主 :セイコーホールディングス株式会社(100%)


【お問い合わせ先】
セイコーソリューションズ(株) ネットワークソリューション統括部 NSP営業部
tel:043-273-3162  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。