logo

エンゲージメント・プラットフォーム 【Sprocket(スプロケット)】に新機能を追加、 待望のスマートフォンに対応!



株式会社ゆめみ(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:深田浩嗣、以下ゆめみ)が提供しております「ゲーミフィケーション」を活用したエンゲージメント・プラットフォーム『Sprocket(スプロケット)』にて拡張機能を追加し、スマートフォン・タブレットなど自由度の高い表現が可能になりました。


Sprocketは、世界No.1シェアを誇るゲーミフィケーションプラットフォーム「Badgeville(バッジビル)」のOEM製品として提供しております。
この度Badgevilleの新API提供に伴い、当APIを活用した導入サンプルのライブラリを開発いたしました。
ゆめみの得意領域であるスマートフォン向けのUI、UX設計を活かし、これまでクライアント企業からも要望が多かった、スマートフォン向けのサイトにもゲーミフィケーションの仕組みを導入いただけることになりました。
また、オンラインドキュメントの整備やサンプルソースの提供を強化し、より具体的な導入イメージを持っていただくことで、導入期間の短縮を実現します。


以下、サンプルのライブラリより抜粋です。

<<フッタータブ>>
スマートフォンの下部に常に表示されることで、ユーザ自身の現在のステータスを可視化することができます。


<<ミッション進捗>>
ゲーミフィケーションの要素の一つで、出された課題をクリアしていく「ミッション」の要素を表示します。
サイトのサイズに合わせて表示数が調整されます。
未取得のバッジはグレーになっており、収集欲求を刺激します。


<<ミッション一覧>>
現在出されている「ミッション」の一覧を表示します。
ミッションの達成度をそれぞれプログレスバーで表示し、ミッション名をタップすると、下部に詳細が表示されるなどスマートフォンならではのUIで楽しさを増幅させます。


<<獲得バッジ一覧>>
ユーザーが取得したバッジを一覧表示するウィジェットです。
タップするとバッジごとに設定可能なメッセージを表示するなど、マイページに設置することで何度も来訪したくなる要素として効果的です。


これらの機能や新APIをベースに、導入企業側でカスタマイズをして、オリジナルの内容で実装をすることも可能になります。
また、新しいAPIを使ったオリジナルデザインでの実装も可能です。


■□
ゲーミフィケーションについて
■□-
「ゲームの要素を用いて、誰でも楽しく目的を達成できるように後押しする手法」を意味します。
ユーザー行動に沿った適切なサービスの提供(おもてなし)だけでなく、楽しさや競争などのゲームの要素をサービス内に付加することでユーザーの行動モチベーションを促進することができるためマーケティング業界においても「顧客満足度向上」「LTV向上」を課題にする企業様などを中心に注目されています。

■□
Sprocketについて
■□-
Sprocketとは、「ファン」を増やすためのSaaS型エンゲージメント・プラットフォームです。
ユーザーの行動を記録する「ビヘイビア・ロギング」、行動した結果を分析する「エンゲージメント分析」、ユーザーに行動を促す「ゲーム・メカニクス」の3つの機能を用いて、クライアントさまの課題及びユーザーの志向に合わせたサービスを導入し、迅速なPDCAサイクルを回すことが可能です。

「Sprocket」詳細はこちら
リンク


ゆめみはデジタルマーケティング領域における先進テクノロジーを創造・利用することにより、顧客企業と一緒になってエンドユーザーのためのサービスを提供しております。
今後もゲーミフィケーションを通じて「ユーザーへのおもてなし」を企業が提供することができるよう、機能強化・導入拡大に積極的に取り組んで参ります。


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事